【2019年】SEO対策に(文字数は関係ない)

SEO対策
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
文字数が多ければ多いほど、検索上位にあがりやすいのかという疑問についてお答えしようと思います。結論からいうとSEO対策に【文字数は関係ない】です!

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・SEO対策に(文字数は関係ない)理由
・ビックワードを狙うには長文
・ロングテールを狙うなら短文
・文字数じゃなく内容にこだわる


スポンサーリンク

SEO対策に(文字数は関係ない)理由

検索順位確定のアルゴリズムでは文字数を判断材料にしていない。
  よって単純な文字数を気にする必要はない
ということはGoogleの社員の方は公式に発表しています。つまり、SEO対策に最適な文字数なんて存在しないことがわかります。じゃあ検索上位を取っている記事はなぜ長文が多いのか?という点について説明したいと思います!

検索上位は全て長文?

検索順位は全て長文な気がする確かにそうです。じゃあやっぱり文字数が多い方が検索上位に表示されやすいんでしょ?ってとこなのですがそうとも言い切れません。

キーワード」によって「長文」か「短文」かが決まってくるのです!

ビックワードを狙うには長文

ビックワードで検索上位を狙うにはどうしても長文になってしまいますあるサイトの情報だと文字数が平均7000文字前後の記事が上位表記されているとのこと。それもそのはず。例えば、「SEO対策」というキーワード(ビックワード)で検索上位を狙おうとしたら「SEO対策とは?」「SEO対策 方法」「SEO対策 ツール」「SEO対策 分析」「SEO対策 キーワード」等、様々な内容を盛りこまないといけないためボリュームがアップしてしまいます。

ロングテールを狙うなら短文

ロングテールを狙うなら短文。と書きましたが一般的に1500文字から3500文字ぐらいで記事を書けばいいようです。ロングテールとは、ビックワードとは違い(ニッチなキーワード)です。例えば「SEO対策」というキーワード(ビックワード)から SEO対策 文字数 関係ないを付け足すことにより、いっきに書く内容が「SEO対策 に 文字数 が 関係あるのか?」といった「SEO対策」「文字数の関係性」のことだけ書けばOKになります。

これだとユーザー(読者)も読みやすくわかりやすい記事ができそうですよね!

文字数じゃなく内容にこだわる

文字数じゃなくて「内容(コンテンツ)」にこだわる必要があります。検索するユーザー(読者)の目線にたってその悩みを解決しないといけないためです。この記事を読んでいただけたユーザー(読者)の悩みはSEO対策 に 文字数 の関係があるかどうかであり

結論:SEO対策に(文字数は関係ない)

ということをお伝えさせていただきました。補足としてキーワードによっては文字数が変わってくると思いますが、あまり文字数を気にする必要はないと思います!

3500文字以上になってきたら文字が多すぎてユーザー(読者)が読みにくいですし、書くほうも大変ですよね?「ビックワードを狙う」には長文とお伝えしましたが以下のようなやり方でもいいと思います。

番外編:ビックワードの狙い方

ビックワードの獲得のために、長文をだらだら書く。みたいなことは避けた方がいいと思います。ユーザー(読者)が読みにくいからです。じゃあどうしたらいいのか?

結論:記事を細分化する

これでOKだと思います。「SEO対策」を例に出すと

「SEO対策」で

検索上位を狙う時に、1記事で狙うのではなく6記事作って「SEO対策」という記事内に「5記事」の内容を内部リンクとして埋め込む

上記の図のように、「SEO対策」という「キーワード」で検索上位をとるには、複数記事「SEO対策とは?」「SEO対策 方法」「SEO対策 ツール」「SEO対策 分析」「SEO対策 キーワード」を1つに集約化すれば見やすくてユーザー(読者)が他の記事も見てみようと目的と当初の目的とは違った記事を見てもらえるかもしれません。

SEO対策で記事を見ていたら「SEO対策 ツール」が気になったのでそっちのリンクも踏んでしまった。みたいな感じで集約化してたらそこから「SEO対策」についての記事も見てもらいやすいですよね!

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?SEO対策に文字数は関係ない!とお伝えしましたが「キーワード」によっては長文を書いた方がいいこともあるよ。ってことを理解しておきましょう。また、長文を頑張って書いてもユーザー(読者)の問題解決に繋がらないと「Google」からの評価も低く上位表記されないので、わかりやすい記事」を書く意識をした方がいいかと思います。

コメント