SEOチェキとは?1分で記事の順位確認

SEO対策
スポンサーリンク
Toshi
Toshi

自分の記事は何位なのか気になったことはありませんか?そんな時には「SEOチェキ」というツールを使ってランキングを確認します。今回は、SEOチェキの使い方について詳しく説明させていただきます!このツールを使えば「Yahoo!」と「Google」の検索ランキングが一度に確認できます。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・SEOチェキとは?
・SEOチェキで確認できる内容は?
・SEOチェキの使用方法
・順位確認後はリライトしよう
順位確認をサクッと済ませたい方はSEOチェキの使用方法をご覧ください!


スポンサーリンク

SEOチェキとは?

自分の書いた記事が今何位なのか?ということが気になった事は少なからずあるかと思います。アフィリエイトをしている方は特に記事の検索順位を確認しますよね。という事でSEOチェキを使用します。

SEOチェキとは – ダウンロードの必要が無く、ウェブサイト上で利用出来るSEOチェックサービスです。

SEOチェキで確認できる内容は?

SEOチェキで確認できる内容は15ありますが、基本的には検索順位読込時間を確認すればいいかと思います。

項目は基本チェック項目が10

  • title・meta description・meta keywords・h1タグ
  • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  • 最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
  • Alexaランキング
  • Google・Yahoo!のインデックス数
  • 利用ホスト
  • ドメインの登録年月日
  • 各ディレクトリの登録状況
  • Facebookの「いいね!」の数
  • ソーシャルブックマーク登録数

追加チェック項目が5

  • 検索順位
  • キーワード出現頻度
  • 発リンク一覧
  • Whois情報
  • HTTPヘッダ情報

読込時間があまりにも長いとユーザー(読者)が離脱してしまいます。という事でこの読込時間もチェックしてみてください。

SEOチェキの使用方法

SEOチェキで順位を確認する方法は3STEP

STEP1

順位を検索したい記事のまたはサイトURLを打ち込む

STEP2

自分の設定したキーワードを記載

STEP3

チェックをクリック!

するとランキングが作成され、その検索ワードでどういった順位をとっているのかがわかります。このサイトは、RPA製品であるUiPathのことについて一時期ブログ記事を書き溜めていたためこのUiPathというワードで検索するとこのサイトが上位表記されます。

ここでのポイントは一点

・記事を初公開して3ヶ月ぐらい立ったものに対してチェックを行います。

順位確認後はリライトしよう

上記で「記事を初公開して3ヶ月ぐらい立ったものに対してチェックを行います。」と書きましたが、これは記事を出してすぐに順位が決まる訳ではないため3ヶ月ぐらいは様子をみて、ランキングの検索を行います。この際、記事のランキングが悪かったものに対してリライトしていきます。リライト」するポイントは「SEO対策とは?検索上位をとる方法【2019年 最新版】」という記事でも簡単には説明させていただきましたが今回は詳しく説明したいと思います。

・タイトルにキーワードが入っているか
・記事の構成はおかしくないか
・競合(検索上位)と比較しどこが悪いか調査し、実践
序文でユーザー(読者)の気持ちを掴む

タイトルにキーワードが入っているか

これは、記事を作成した時にタイトルが悪くなかったか見直しが必要ではないか?ということです。タイトルのキーワードは重要で記事が見られるかはタイトルによっても違います。もし、「タイトル」が悪いようであれば改善しましょう。では、どうやったら改善できるのでしょうか?

もう一度タイトルを見直すために以下を行ってみましょう。
  • related」というキーワード検索ツールを使用してみる
  • クリック率が高まるタイトルを考える
  • 競合(検索上位)とのタイトル比較

related

記事の構成はおかしくないか

記事を読んだ時、読者の悩みを解決できるような記事になっていますか?また、結論が結局わからない。やわかりにくい記事になっていませんか?ユーザー(読者)が読みやすい記事にするためになるべく完結にまとめる必要があるかと思います。

「この記事を読むとこうなります

結論を先にもってきてあげてもいいかもしれません。その結論を先においてあげることにより離脱率が増えるかもしれない!と思った方がいるかと思います。ですが、逆に結論から聞いた場合その根拠は?と知りたくなるものです。

競合(検索上位)と比較しどこが悪いか調査し、実践

いい記事」を参考にリライトしていきましょう。ただし、まるまる真似てはいけません。なぜかというとコピーした文章ばかり使うと逆にSEO的にNGだからです。そのためどうしても使用したい文章があった場合は、引用文として出典元もしっかりと記載しましょう!

これはコピーの文章です。

出典元:○○

序文でユーザー(読者)の気持ちを掴む

序文でユーザー(読者)の気持ちを掴みきれていないため、記事が最後まで読まれていない。等で順位も伸び悩んでいる可能性があるのではないでしょうか?序文でユーザー(読者)の気持ちを掴むためにはユーザー(読者)の抱える問題にうったいかける必要があります。」ここを的確についていければ、きっと記事の順位もあがるはずです!

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?自分の記事の順位を調べるにはSEOチェキというツールを使えば簡単に調べられることがわかりましたね!また、記事の順位が悪ければリライトすることも考えてみてください。きっと、上記のポイントを抑えさえすれば良い記事ができるはずです!

コメント