【実録】海外で日本人の私がYouTuberになってみた!YouTuberになるには?

動画編集
スポンサーリンク
Toshi
Toshi

日本人が海外でYouTuberになったらバズるのか?答えはNOです!今回は、私が中国の深圳市でYouTuberになったよ!といった話からそもそもYouTuberになるにはどうしたらいいのか?ってところをお伝えしていきます。海外でYouTuberになれば、人気になるはず!なんて甘い考えは捨てましょう!

 前回の内容

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・YouTuberとは?
・YouTuberに必要な3つのもの
・これであなたもYouTuber
・実録、中国深圳市でYouTuberになってみたよ
・バズらないのはなぜか?


スポンサーリンク

YouTuberとは?

YouTuberとはウィキペディアによると…

YouTuberユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主に動画共有サービスYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する者を指す名称である。狭義では「YouTubeの動画再生で得られる広告収入を主な収入源として生活する」人物を指す。

出典元:ウィキペディア(Wikipedia)

みたいです。

完結にいったら”YouTubeに自作動画を上げ続けてる”人のことだと思います。

そもそもなぜ、YouTuberになろうとするのか?考えてみました。

YouTubeを通して人気者に

YouTubeは世界中で再生されており、若者にとても人気です。下手したらTV番組よりもYouTubeの方がみるよ。という若者も増えているのが現状です。私が感じのはTV業界の番組の質が低下し(面白くない番組が多くなり)、YouTuberの方がおもしろいしそっち見よう。みたいな思考の若者が多くなってきたんじゃないかな。と感じています。実際、今やっているTV番組じゃなくても「U-NEXT」等の利用で、面白いドラマや映画等見放題ですし…

実際に自分もこの「U-NEXT」を1年ぐらい使用していましたがすごく良かったです!

作品は約9万作品あり、Amazonの「PrimeVideo」や「Hulu」「Netflix」を抑え1位みたいですね!

話は少しそれてしまいましたがYouTubeを通して発信すれば、世界中の人をターゲットにすることができうまくいけば人気になってTV出演や動画投稿だけでご飯が食べていけるほどの収益が得れるようになります。

YouTubeを副業にする

収益化を目的としてTV番組などの動画をうまく編集して収益にする人もたくさんいます。ですが、そんな人が増えたりいきすぎた動画をあげた外国人YouTuberが原因でYouTubeでの収益化が難しくなりました。しかし、近年副業をする人が増えているためYouTubeでもなんとか収益化させるぞ!と頑張っている人も多いみたいです。

収益化の審査基準
・動画再生時間 4,000時間
・チャンネル登録者数 1,000人

YouTubeを通し何かを伝えたい

YouTubeを通して何かを伝えたい人ももちろんやっているかと思います。私はその伝えたいものがあり始めたのですが、この話は後でたっぷりしたいと思います。

YouTuberに必要な3つのもの

YouTuberになるには、下記の4点が必要です!

・撮影機材
・パソコン
・動画編集ソフト
・画像編集ソフト(必須ではない)
詳しく話していきたいと思います。

撮影機材

撮影機材は重要です。

見る側のことを考えて、手ブレ補正等がついているものを購入したほうがいいと思います。

ちなみに私がオススメする撮影機材は、Insta360 0NE X」です。このカメラは5.7Kで撮影ができて、360°カメラなので使い方によっては面白い動画がとれます。また、YouTubeやFaceBookに360°映像が投稿できます!

実際に私がYouTubeに投稿した360°動画がこれです!

動画を見ているユーザーが視点を操作することができ楽しませれること間違いなしです!
Insta360 0NE X」については以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください!
https://alloneslife.com/item/insta360-one-x

パソコン

パソコンは、MacでもWindowsでもいいと思いますができるだけ高性能なパソコンを買いましょう!なぜかというと動画編集をする際に容量不足等に困らせられることがなくなるためです!私が使っているのは、MacBookAirです。

もともと、Macは動画編集ソフトの「iMovie」が入っているのでWindowsを買うよりMacを個人的にはオススメします!

動画編集ソフト

動画の編集には、動画編集ソフトがかかせません。私はFilmoraという動画編集ソフトを使っているのですがこれは買い切りのためオススメです。しかも価格が「¥7,980」と安いのですが、すごく使いやすく初心者でも使いやすいと思います。

一番有名な動画編集ソフト「Final Cut Pro X」かと思います。ですがこれは「¥34,800」もし、初心者が試すには手を出しにくい金額になってしまうかと思います。もし、動画編集ソフトにこだわりたいと思う方がいれば「Final Cut Pro X」を利用してもいいと思うのですが「¥34,800」出すのであれば、少しでも撮影機材にあてたほうがいいのではないか!!と個人的に思ってます。

画像編集ソフト

画像編集ソフトでは、必須ではありません。ですが、自分の投稿したYouTubeを見てもらえるかどうかが決まってくるサムネイル画像をうまく作るには確実に画像編集ソフトを使用するしかありません。

実際私も、Photoshopで画像を編集することがたたあるのですがとても便利です。Photoshopはどんなことができるの?って思った方は以下の記事を確認してみてください!

これであなたもYouTuber

YouTuberになるには…YouTuberに必要な3つのものを揃えて、動画も作成した!後はYouTubeに動画を投稿するだけです。その前に、Google アカウントをお持ちじゃない方は事前にGoogle アカウントを作成しておきましょう!

Google アカウント 作成

作成後は、YouTubeにアクセスしメニューバーから動画をアップロードをクリックするだけ!

※Google アカウント でログインしていないと動画をアップロードすることはできません。

ということでYouTubeの動画投稿はGoogle アカウント」さえ持っていればすんなりとできるのでそこまで深い説明はいらないと思うので省略したいと思います。気になった方は早速YouTube」にアクセスしてみてください!

YouTube

実録、中国深圳市でYouTuberになってみたよ

私がYouTubeを始めたきっかけは、25歳の時初めて行った海外旅行がとても楽しくて。日本とは違う。文化や暮らしが広がっていて自分の知らないものがそこらじゅうにある!という感動と衝撃を受けたことでその後、すぐに転職を考え英語も中国語もできないが「海外で暮らしたい」、「YouTubeを通して海外の面白さを若者に伝えたい。」そう思うようになりました。その後「転職先も決まっていないまま」移住計画をすすめます。会社を辞めて2ヶ月後、私は中国深圳市に気がつけば移住していました。

なぜ、中国深圳市だったのか?

それは、中国深圳市に旅行に来た時に日本にはない活気と面白さ、テクノロジーがあったからです。

現在は無事仕事を見つけ、日々あいた時間をうまく利用しYouTubeの投稿、ホームページの記事作成等に奮闘しています。

バズらないのはなぜか?

冒頭でもお伝えした「日本人が海外でYouTuberになったらバズるのか?答えはNOです!」なんでバスらないのかすぐになぜかわかった方はすごいと思います。

バズるとは、Web上などで一時的な大きく拡散されるという意味です。
これは、SEOの話になってしまうのですが皆に調べられるキーワードで動画を作れば検索にヒットするのですがそこを考えずに動画を作ってあげていても「拡散などされないのは当たり前です!」ということはどういうことなのか?
現在若者が海外に興味をあまり持たなくなっており、若者の海外離れは深刻化しています。
私の場合は、中国深圳市に住んでいるため「深センや深圳」をキーワードとし動画を作ることが多いのですがこれでは、実際に検索してくれる人の母数が少なすぎます。
結果:検索もあまりされないため動画を投稿しても見られない
これを打開するには、普通のコンテンツもあげつつ海外は楽しいよといった動画を撮っていくこと。そうすれば検索にヒットした時に「海外の動画あげている」という興味を持ってもらうことができるかもしれないからです。
結論:海外在住YouTuberは海外に締め付けられるのではなく、普通のコンテンツもあげつつ日本ではできないような発信をしていけばバズることがあるかもしれない!
私は、YouTubeを通して海外の面白さを若者に伝えたい。といった思いからYouTubeを始めたので「深センや深圳」といったキーワードにとらわれており、観光や暮らしをメイン動画としてあげてきましたが今後は、普通のコンテンツ(検証系)等も増やしていきたいと思ってます。

今回紹介したものをフル活用し作った動画

今回紹介させていただいた機材「Insta360 0NE X」で動画を撮って、Filmoraで編集しサムネイル画像は「Photoshop」で作成しました。

ということで、普通のコンテンツ(検証系)の動画を一本作ってみました!これなら若者の検索キーワードになんかひっかかりやすそうですよね!

ぜひ、気になった方は動画を見てよければチャンネル登録お願いします!

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?ちょっと長くなってしまいましたが、海外でYouTuberやり始めたからといって人気になれるかといったらそれは全く違います。また、YouTuberになるのはいろんな準備が必要なんだとわかったはずです!この記事を見ているということはすくなからず「YouTuber」になりたい。「YouTuber」に興味がある人だと思います。ぜひ、2019年からYouTuberとして動画作成をしてみてください!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

このサイトは「プログラミングとアフィリエイト」のことをメインにいろいろな情報を発信していきます!

Toshikazu Hiranoをフォローする
動画編集
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント