【Adobe Premiere Pro】グリーンバック(背景)を透過しよう!(クロマキー合成)

動画編集
Toshi
Toshi
撮影した動画に、アニメーションをのせたいと思ったことはありませんか?今回は、Adobe Premiere Pro でグリーンバックを透過する クロマキー合成 のやり方についてお伝えします。この方法さえ知っておけば、映像の一部の色を透過することができ素材として使えます。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・Adobe Premiere Pro グリーンバック(背景)を透過しよう!(クロマキー合成)


Adobe Premiere Pro グリーンバック(背景)を透過しよう!(クロマキー合成)

今回、やることとしては左の クロマキー素材(グリーンバック) を撮影した動画に透過してのせていきます。

動画でやり方をわかりやすく説明しているので、クロマキー合成のやり方についてのみざっくりと手順だけお伝えします。
Premiere Pro クロマキー合成のやり方
  1. 動画素材(撮影動画+クロマキー素材)をプロジェクトパネルに入れます。
  2. タイムラインパネル撮影した動画クロマキー素材を入れます。
  3. クロマキー素材(グリーンバックの動画素材)を選択し、エフェクト < ビデオエフェクト < キーイング < Ultraキー をクロマキー素材にドラッグ&ドロップ。
  4. ソースモニター の エフェクトコントロール からキーカラーの横にあるスポイトをクリック。
  5. 動画内の色を選択(グリーンバックであればグリーン)。

3~5の手順でクロマキー合成が完了です。

実際に、動画を見ていただけるとわかりやすいと思うのですが、画像を使って説明していきます。

今回は、撮影した動画を使うのではなく、アニメの素材を2つ使っていきます。メインの動画とクロマキー素材をタイムラインパネルに配置します。

配置しただけでは、クロマキー素材のグリーンバックは抜けていないためV1(メインの動画)よりV3(クロマキー素材)が重なってメインの動画が見えません。このスネ夫(クロマキー素材)のグリーンバックを抜いていきます。

この部分が手順に当たる 3 でクロマキー素材(グリーンバックの動画素材)を選択し、エフェクト < ビデオエフェクト < キーイング < Ultraキー をクロマキー素材にドラッグ&ドロップ。すると、ソースモニターのエフェクトコントロールに キーカラー がでてくるようになったかと思います。

キーカラーの横にあるスポイトをクリック後、素材のグリーン部分をクリックすると…

素材からグリーンバックがなくなり、アニメーションだけになりました。後はこのアニメーションをモーションを使って配置したい位置に持っていきます。

Adobe Premiere Pro を使ったクロマキー合成のやり方は以上となります。OBSを使ったクロマキー合成のやり方についても記事を書いているので、興味がある方はぜひ、以下の記事も確認してみてください!

ちなみに、今回の記事で使った動画をせっかくなので Twitterに載せてみました。

 

 

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?クロマキー合成の方法ですが、意外と簡単だったかと思います!編集ソフトによってはやり方が異なるので、自分の使っている 編集ソフト + クロマキー合成 でやり方をググってみてください!

コメント

T