【SEO対策】低質記事削除はやめよう!(noindex)を使う

SEO対策
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
質の低い記事は削除すべきか…そう悩んでいる人もいるんじゃないでしょうか?基本的に削除はしないで良いと思います。なぜ削除しないで良いのか?それはnoindexを使えば良いからです。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・noindexとは?
・noindexの対象となる記事
・記事削除をしないメリット


スポンサーリンク

noindexとは?

noindxとは、検索エンジンで検索に引っかからないようにする仕組みです。なぜこのnoindexを使用するかというと重複コンテンツや内容の薄い質の低いページが検索エンジンにさらされることにより、サイト全体の評価を落とすことにつながります

WordPressをしようしている場合、記事投稿画面のしたら変に以下のようなチェックが存在します。

このページが検索エンジンにインデックスされないようにメタタグを設定します。

チェックして検索エンジンにインデックスされないようにしましょう!

noindexの対象となる記事

noindexにする低質な記事はいったい…迷った時には以下の項目を参考にしてみてください。

・Googleアナリティクスで(PV数)を調べる
・記事に目次が存在するか
・問題を解決する結論がでているか
・文字数が少なくないか
ちょっと細かくみていきましょう!

Googleアナリティクスでページ毎のPV数を調べる

Googleアナリティクスでページ毎のPV数を調べて、PV数が少ないページを改善していきます。ページ毎のビューを見ていく時は

行動 < サイトコンテツ < ランディングページ

で確認をしていきます。いつ頃のデータが欲しいかは日付を指定します。

記事に目次が存在するか

記事に目次が存在しなければそれだけでみにくい記事になってしまいます。ぜひ、目次をつけていなかったら目次をつけるようにしましょう!

問題を解決する結論がでているか

記事のタイトル対して結論がでているか?わかりにくくないかを第三者(他人)か自分で再度確認してみましょう。

文字数が少なくないか

文字数が少なければ上位表記されない。という事もないかもしれませんが、良質なコンテンツになればなるほど文字数は増え検索上位に上がりやすいといった結論がでています。詳しくは以下の記事を確認してみてください!

記事削除をしないメリット

記事削除しないメリットは以下です。

  1. 記事のネタがない時にリライト(更新)に使える
  2. リライト(更新)することで検索上位に持っていけることもある

です。

記事のネタがない時にリライト(更新)に使える

毎日ブログを更新しよう!と思った時に、ネタがなくなってしまった。みたいなことがあったりしますが、以前の記事を見返して見にくい。読みにくいような記事はリライト(更新)して読みやすくすると良いかと思います。

リライト(更新)することで検索上位に持っていけることもある

リライト(更新)することで、検索の上位を狙う事もできます。リライト(更新)する時は、日付もそうですが内容にもボリュームを持たせましょう。

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?低質な記事は、noindexにしクローラーにひっかからないようにしておきましょう!また、低質記事だからといって削除するのではなくリライト(更新)で良質な記事にして検索上位を狙ってみてください!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

このサイトは「プログラミングとアフィリエイト」のことをメインにいろいろな情報を発信していきます!

Toshikazu Hiranoをフォローする
SEO対策
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント