【Mac】写真ライブラリ.photoslibrary の容量を減らす方法と修復方法

その他
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
Macの容量が空きがない。と困っていませんか?今回は、写真ライブラリ.photoslibrary の容量を減らす方法と復元方法についてお伝えしていきます。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・写真ライブラリ.photoslibrary の容量を減らす方法と修復方法


スポンサーリンク

写真ライブラリ.photoslibrary の容量を減らす方法と修復方法

写真をよく撮る人ならわかると思うのですが意外と、写真で容量をくっていませんか?
今まで、2記事ほど Mac の容量を減らす方法について書いてきたのですが、今回は 写真ライブラリ.photoslibrary を確認してみたいと思います。他の記事も気になる方はぜひ、ご覧ください!

写真ライブラリ の容量が気になっていたので、写真をSSDに移して消してみました。

写真を空にすると以下のような ようこそ”写真”へという初期画面が表示されます。これで、ディスク容量が空いたかと思いきや…

ぜんぜん空いていませんでした…ディスク容量を見るには、このMacについて < ストレージで確認することができます。

※この画像は容量が空いてからスクショしたものです。

ということで、原因を調べてみると 写真ライブラリ.photoslibrary の中に写真のバックアップが存在していたみたいです。これが不要なので、削除してディスク容量をあけていきたいと思います。

容量を減らす方法

では早速説明していきます。ピクチャより  写真ライブラリ.photoslibrary < オリジナルを表示をクリック

もしよく使う項目がない場合は、Finder環境設定 < サイドバー で ピクチャにチェックをつけてサイドバーに追加しておきます。

その後、パッケージの内容を表示をクリックします。

すると、写真ライブラリ.photoslibraryの中に入っているデータを見ることができます。

後は、Mastersの中を開き不要なデータを消していくだけです!ということで 写真ライブラリ.photoslibraryの中身の消し方を説明したわけなんですが、もし写真を間違って消してしまったとしても、このMastersに写真が残ってさえいれば修復することが可能です。

修復方法

修復をするには、写真のアイコンを option + command⌘ を押しながら開くと

ライブラリを修復というアラートが出てくるので、修復を押します。

後は、Macを起動させるときのパスワードを打ち込むだけです!

ということで、あっさりと修復させることができました!

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?もし、Macの容量に空きがなく写真を消しても容量が減らない時はぜひ、写真ライブラリ.photoslibrary < Masters のデータを消して容量をあけてみてください!※Mastersから写真を消す際は、ちゃんと必要な写真が移行できていることを確認してから作業してみてくださいね。

 

 

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

Toshikazu Hiranoをフォローする
その他
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

Translate »