【Google AdSense】アカウントが無効になるとメールが来た時の対処方法

その他
Toshi
Toshi
お客様の AdSense アカウントは 30 日後に無効になります。といきなりGoogle Adsenseからメールが来ました。いきなりのことだったので、すごく焦ってしまいましたが無事解決することができました。今回は、このメール「お客様の AdSense アカウントは 30 日後に無効になります。」が来た時の対処方法について解説していきます。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・Google AdSense アカウントが無効になるとメールが来た時の対処方法
・パブリッシャーIDの調べれば解決!


Google AdSense アカウントが無効になるとメールが来た時の対処方法

え?アカウントが無効だって?悪いことしてないのに…
Google AdSenseから届いたメールはこんな感じ。

お客様

お客様の AdSense アカウント(pub-2727818915165822)は有効になっていません。アカウントを有効にするには、こちらのヘルプセンターの記事に記載されている手順を完了していただく必要がございます。この手順が完了されない場合、お客様の AdSense アカウントは 30 日後に無効となります。

無効になった AdSense アカウントを改めて有効化することはできますか?

はい。AdSense アカウントが無効になった場合でも、改めて有効化できます

何卒よろしくお願い申し上げます。
Google AdSense チーム

意味わからないなー…と思いつつひとまず パブリッシャー ID を調べることにしました。

パブリッシャー IDは、アカウントを確認するためのIDでAdsenseのアカウント情報や広告コード(ca-pub-XXXXXXXXXXXXXXXX)から確認することができます。

パブリッシャーIDの調べ方

パブリッシャーIDの調べ方ですが、Google Adsense のダッシュボードから アカウント情報 を見ればわかります。
また、ブログに広告を貼っていると思うのですがその広告のコードを調べてもすぐにパブリッシャーIDを知ることができます。
調べ方はブラウザ(今回はGoogle Chrome)で右クリックをし、検証をクリックします。
HTMLが表示されると思うので ⌘Command + F もしくは Ctrl + F で pub- を検索します。
これでパブリッシャーIDが引っかかるのでIDがわかります。
YouTubeでの確認になる場合は、YouTubeの管理画面(YouTube Studio)の収益受け取りからAdsenseアカウントの ID: を見ることで確認することができます。

パブリッシャーIDの調べれば解決!

おいおい!まじかよ…パブリッシャーIDが違うやないか!
メールで書いているパブリッシャーIDと自分のAdsenseアカウントのパブリッシャーIDを見比べた時に違っていたのです。
え?何?間違えメールなの?
っと思ってメールを隅々まで見たら…1番下の方に小さくこう書かれていました。
Google LLC 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043
このメール サービスによるお知らせは、AdSense のサービスやアカウントの重要な更新についてお知らせするもので、メール通知の設定に関わらず、すべての方にお送りしています。
ウォオオオオオオイ、時間返せよ!

っていうことで、ただのお知らせだったようです。

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?いきなりアカウントが停止します。なんて言われたら焦ってしまいますが…AdsenseのパブリッシャーIDを確認し、メールのパブリッシャーIDと一致しなければ何もしなくていいみたいです。また、一致する場合にはヘルプ記事を確認して対応してみましょう。

コメント

error:Content is protected !!