【Discord】AmongUsのゲーム配信で一括ミュートにする方法

その他
Toshi
Toshi
昨年(2020年)の秋頃から人気の人狼ゲーム AmongUs ですが、徐々にYouTubeでライブ配信する人が増えてきています。ほとんどの人がDiscordを使っているのですが、会議中、Discordの音声をいちいちミュートから外し会議が終わったらミュートにする作業がめんどくさい。といった声もあがっています…そこで今回はゲームの参加者が遊びやすいように一括ミュートにする方法をお伝えします。※ゲーム配信者、ゲームのホストのための記事です。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・Discord AmongUsのゲーム配信で一括ミュートにする方法


Discord AmongUsのゲーム配信で一括ミュートにする方法

AmongUsってどんなゲームなの?
わかりやすい説明がマイニンテンドーストアにあったのでこちらの動画を見てみてください。
4〜10人のゲーマーが協力と裏切りのオンラインゲームをプレイします。宇宙で。
さて、今回紹介するのは AmongUs × Discord で遊んでいる時の 全員を一気にミュートにしてしまう方法についてお伝えしていきます。AmongUsのゲーム中、会議以外はコミニケーションがとれない仕様になっているAmongUsですが、Discordを使っていると会議外でもコミニケーションがとれてしまいます。会議が終わり次第、ミュートにしないといけないってルールがあるのですが、ミュートにするのを忘れてしまう人もいたり…

死体を発見したり、怪しい動きをしている人がいたら
REPORT

そこで、今回は 全員を一気にミュート にする方法についてお伝えします。

本当なら、以下の AmongUs AutoMuteをいれたいところなのですが、スマホで配信をしているため導入することができません。AmongUs AutoMute が気になる方は以下の記事が参考になると思うので確認してみてください。

では、一括ミュートにする方法についてお伝えしていきます。

一括ミュート設定(Moveer bot の導入〜使用するまで)

Moveer
一括ミュート機能を設定するには、 Moveer というボットの導入と、#ボイスチャンネル #テキストチャンネル を1つず作らなければいけません。まずは、以下のサイトからMoveerを入れていきます。
  1. Invite をクリック
  2. Moveerを使いたいサーバーを選択 < はい をクリック
  3. 承認 をクリック
  4. 正常に承認されたら「承認しました」というポップアップが表示される

ここまでで、Moveerが使えるようになっているはずです。

Discord側を確認すると、通知がきているのがわかるかと思います。

次に、#ボイスチャンネル#テキストチャンネル を作っていきます。

ボイスチャンネルとテキストチャンネルを作る理由としては、ボイスチャンネルはミュートにするためテキストチャンネルはコマンドを打ち込むためです。

#ボイスチャンネル は「ミュート用チャンネル」というものを作り、#テキストチャンネル は 「moveeradmin」という名前をつけました。※テキストチャンネルに、「moveeradmin」とつけなければコマンドを打ち込んでも反応しません。

Moveerのコマンド

!cmove: ↓
音声チャネルに参加することなく、複数の音声チャネルにまたがるユーザーを1つに移動します。
(コマンドは「moveeradmin」という名前のテキストチャネル内で送信する必要があります)
コマンドの例:!cmove channel#1 @user1 @user2。

!move: ↓
Moveer音声チャネル内のユーザーの@メンションをあなたに移動します。User1は、「Moveer」音声チャネル内にいる必要があります。
コマンドの例!move @user1 @user2

!gmove: ↓
1つのコマンドでGmoveerX内のユーザーを移動します。音声チャネルの名前がgmoveerPubgの場合は、サンプルコマンドを使用します。サンプル
コマンド!gmove pubg

!fmove :(私たちのゲームプレイに最適)↓
ある音声チャネル内のユーザーを別の音声チャネルに移動します。オーバーウォッチ内のユーザーをpubgに移動します。
(コマンドは「moveeradmin」という名前のテキストチャネル内で送信する必要があります)
コマンドの例!fmove overwatch pubg

!rmove: ↓
特定の役割を持つユーザーをあなたに移動します。たとえば!rmove dps、「dps」ロールを持つすべてのメンバーをあなたに移動します。
コマンドの例!rmove “super admins”

!tmove: ↓
特定の役割を持つユーザーを特定のチャネルに移動します。たとえば!tmove channel1 dps、「dps」ロールを持つすべてのメンバーをchannel1に移動します。
コマンドの例!tmove channel1 “super admins”

!ymove: ↓
ユーザーを音声チャネル全体に広げます。たとえば、!ymove “before games” “games” 5すべてのユーザーを「ゲーム前」から移動し、「ゲーム」カテゴリのチャネル間で、各音声に5人のユーザーをランダムに分散させます。
コマンドの例!ymove “before games” “games” 5

!zmove: ↓
!ymoveを使用した後、全員を1つのチャネルに戻すのに最適です。たとえば!zmove “games” “after games”、「ゲーム」カテゴリ内のすべてのユーザーを「ゲーム後」の音声チャネルに移動します。
コマンドの例!zmove “games” “after games”

さて、ここから実際に使っていきたいところなのですが、サーバー設定から作ったミュート用チャンネル休止チャンネルに設定しておく必要があります。

ここまで、設定できたらあとは テキストチャンネル「#moveeradmin」でコマンドを打ち込むだけでミュート設定にすることができます。実際に以下のコマンドを試してみましょう。

!fmove 移動前のチャンネル 移動後のチャンネル

生存部屋というチャンネルから実際、ミュートにしたいのでミュート用チャンネルに移動したいと思います。

!fmove 生存部屋 ミュート用チャンネル

※コマンドを打ち込む時は、半角スペースを使います。全角だと反応しません。

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?ざっくりとお伝えしましたが、詳しくは実際使っていろいろと試してみてください!また、AmongUsのライブ配信を最近頻繁に行なっているため、興味がある方はぜひ参加してみてください。

コメント

error:Content is protected !!