【GoPro×バイク】映像と音声を綺麗に撮る方法

その他
Toshi
Toshi
GoProを使ってバイクに乗りながら綺麗な映像、音声を撮りたい!って思ったことはありませんか?今回は、私がどうやって映像と音声を綺麗に撮っているのかお伝えします。GoPro HERO9 BLACK / あごマウント / ピンマイク / メディアモジュラー を使用しています

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・GoPro×バイク 映像と音声を綺麗に撮る方法


GoPro×バイク 映像と音声を綺麗に撮る方法

バイクに乗りながら綺麗な映像と音声を撮りたい!

ということで、以下の商品を購入し、動画を撮ってみると映像にブレがなく音声も綺麗に撮れることがわかりました。

実際にどんな感じで映像と音声が取れているのかは動画を確認してみてください!

ここからは、なぜその商品が必要なのかについて簡単に説明していきます。

顎マウント

顎マウントが必要な理由としては、もちろんヘルメットにカメラを固定するためです。

ヘルメットにカメラを固定しなくていい、ネックマウントもありはするのですが、私は顎マウントの方がいいと思いました。

ネックマウントよりも顎マウントの方が、しっかりと固定でき、より目線に近い映像が撮れる。ということや映像がぶれることが少ないのでネックマウントよりも顎マウントの方がオススメです。

ピンマイク

このピンマイクじゃなくてもいいのですが、ピンマイクは必須です。
ヘルメットの中にピンマイクを仕込むことにより、バイクに乗っている時の「風切り音」を無くし自分の声を綺麗に録音することができます。

メディアモジュラー

GoProは普通に使っていても綺麗に音声を録音することが可能です。
ですが、より綺麗に音声を撮りたい場合には メディアモジュラー を購入し使ってみるといいかと思います。

ピンマイクを使うとなると、このメディアモジュラーが必須になってきます。

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?ちょっと簡単に必要なものだけ紹介させてもらったのですが、設定や取り付け方法がわからないって方はコメントいただけると嬉しいです!バイクに乗りながら動画を撮れたら、動画撮影がより面白くなると思うので、ぜひ試してみてください!

コメント

error:Content is protected !!