UiPathをMacで使う方法【VirtualBoxで環境構築】

UiPath
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
UiPathはMacで使用することができません。そのためVirtualBox(仮想環境)にWindows10を入れて勉強することにしました。VirtualBoxのダウンロードから、Windows10を入れて、Uipathを使うまでの方法を徹底解説します

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・UiPathとは?
・UiPathをMacで使う方法【VirtualBoxで環境構築】

2018年1月31日に書いた記事ですが、読みやすくするために2019年7月10日に更新。なお現在もMacでUiPathは使えません


スポンサーリンク

UiPathとは?

UiPathとは、RPA(Robotic Process Automation / ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールです。簡単に説明すると人の判断があまりいらない ホワイトカラー業務の自動化 を行うもので、簡単な例で説明すると会社の「経費精算」や「Webにある情報をExcelに落とし込んでいく(スクレイピング)」などのことができます。

ロボティック・プロセス・オートメーションとは、認知技術を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者とも言われている。また、デスクトップ作業のみに絞ったものをロボティック・デスクトップ・オートメーションと呼び、RPAと区別することもある。

出典元:ウィキペディア

RPAは近年盛り上がっており、RPA女子なんて言葉も出てきました

ちょっと余談ではありましたが、早速 Mac で UiPath を使うべく仮想環境構築に移っていきましょう!UiPathの概要がもっと知りたいという方は以下の YouTube 動画【Introduction to UiPath – UiPathの概要】をご覧ください。

1. Introduction to UiPath – UiPathの概要

UiPathをMacで使う方法【VirtualBoxで環境構築】

では、実際にUiPathをMacで使うために以下の手順を踏んでいきます。

  1. VirtualBox(仮想環境)ダウンロード
  2. VirtualBox内でWindowsの設定
  3. Windows10のディスクイメージ(ISO ファイル)のダウンロード
  4. VirtualBoxでWindowsを起動してからの設定
  5. UiPathのダウンロードから起動まで

詳しく1つずつみていきましょう!

VirtualBox(仮想環境)ダウンロード

VirtualBox をまずダウンロードしないといけないので、下記のリンクより、OS X hosts を押してダウンロードしてあげます!

ダウンロードした.dmg

ダウンロードしたファイルを展開すると上記の画面が出てきます。次にVirtualBox.pkgを押します。

続けるを押し、進めていきます。途中「インストール」というボタンが出てくるので押すとパスワードを求められるので、パソコンに入る時のパスワードを入力します。「ソフトウェアをインストール」を押しインストールを完了させます。

ここまでくるとアプリケーションに VirtualBox.appのiconが出てきたと思います。

続いて VirtualBox,app を開いて、Windowsの環境を作っていきましょう!

VirtualBox内でWindowsの設定

VirtualBoxを起動してあげると下記のような画面が出てくるので、新規追加を押します。

名前をwindows10とすれば、かってにタイプとバージョンを指定されます!続きを押し

説明を読みながら、進めて欲しいのですが…仮想ハードディスクを作成するをクリックします。

続きを押して…

これもどちらでもいいのですが、自分は「固定サイズ」を選びました。続きを押しましょう!

作成を押すと…

Windows

入りましたね。では続いて Windows を起動し設定を行なっていきます。※Windowsを起動する前に ディスクイメージである(ISO ファイル) のダウンロードを行なっていきます。

Windows10のディスクイメージ(ISO ファイル)のダウンロード

VirtualBoxで Windows を起動すると、ファイルを選択する画面が出てきます。この時にWindows10のディスクイメージ(ISO ファイル)を選択しStartさせなければいけません。

ということで、Windows 10のディスクイメージ (ISO ファイル) のダウンロードをしていきましょう!下記のリンクより、ダウンロードページにとびます。

プルダウンより、Windows10を選択し確認を押します。

製品の言語選択を日本語に選択し確認を押します。

※選べる言語は日本語から英語、韓国語、中国語…その他言語も選べるため、日本語以外を選んでいただいても構いません。

bit数を選びダウンロード。このダウンロードしたファイルを使い、VirtualBoxのWindows設定を進めます。

最初に戻るのですが、ダウンロードしたファイルを参照し、Startします…続いてWindowsの設定に入っていきます。

VirtualBoxでWindowsを起動してからの設定

下記の画面が出てくるので、日本語を選択し次へを押します。

今すぐインストールを押します。

「次にプロダクト キー がありません」を押します。

オペレーションシステムの選択「Windows 10 Home」を選び次へを押します。

同意しますにチェックを入れます。次へ。

後はオペレーション通りに登録を進めていくだけです

さっと終わらせて…

Macで仮想環境を使いWindowsが触れるようになりました

次はいよいよ UiPathのダウンロードになります!

UiPathのダウンロードから起動まで

ここまできたら後は、ダウンロードするだけとなります。以下のリンクを押してダウンロードページに入ります。

  1. Eメール

を入力しCOMMINITYエディションのダウンロードをクリック。成功するとサイトの表示が以下のような画面に切り替わります。

ダウンロードした UiPath を起動させると下記のような画面になると思うので Start Freeを押してあげて…

メールアドレス記入後、Activateをクリックします。この時のメールアドレスはCOMMINITYエディションのダウンロード時に使ったメールアドレスです

ちょっと長くなってしまいましたが、これでようやくUiPathが使えるようになりました!

UiPathの使用方法について、初心者にもわかりやすく以下の記事で説明していますあわせて以下の記事もご覧ください!

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?少し環境構築には時間がかかってしまいますが、環境がきれてしまえばMacでもUiPathを使うことが可能となります!ぜひ、この記事を参考にUiPathをMacに入れて業務の自動化を!

コメント