UiPath Academy 回答集【完全保存版】

UiPath
スポンサーリンク

Lesson14(RPA開発者向け – 基本トレーニング復習)

Q. Workbook Read Rangeアクティビティのアウトプットは何でしょうか?
A. データテーブル
Q. Type Intoアクティビティで、プロパティパネルで「SimulateType」を選択した状態で”123[k(enter)]” を送るとどうなるでしょうか?
A. “123[k(enter)]”がタイプされる
Q. プロセスの詳細をワークフロー自体に追加する際には何を使用するのがよいでしょうか?
A. activity annotationsを追加する
Commentアクティビティ
Q. 実行しているアプリケーションを閉じるにはどのような方法がありますか?
A. Kill Processアクティビティを使用する
Close Applicationアクティビティを使用する
Send Hotkeyアクティビティで、Alt + F4を送る
Q. ウェブページからどのようにテーブルを抽出しますか?
A. Data Scrapingウィザードを使用する
Extract Structured Dataアクティビティを使用する
Q. 特定のUI Element上でマウスホバーさせることは可能でしょうか?
A. はい、Hover OCR Textを使用してできます
はい、Hover Imageを使用してできます
はい、Hover Textアクティビティを使用してできます
Q. Clickアクティビティは隠れたブラウザにも使用できるでしょうか?
A. はい、プロパティパネルで「SimulateClick」が選択されていたらできます
はい、プロパティパネルで「SendWindowMessages」が選択されていたらできます
Q. UIセレクターを安定させるために必要なものはどれでしょうか?
A. 固定プロパティを使用する
変動的なプロパティを除外する
Attach to Live Elementを使用する
Q. UI Explolerは何に有効でしょうか?
A. セレクタの安定性を検証すること
セレクタを安定させること
Q. Click Triggerアクティビティが失敗した際に何のアクティビティを使用すればUI Elementをクリックできるでしょうか?
A. Replay User Eventアクティビティ
Q. Citrix環境にあるメモ帳からテキストをとってくるにはどのような方法がありますか?
A. OCRアクティビティでGet Textを使用する
Screen Scraping/Relativeアクティビティを使用する
ClipboardアクティビティとHotkeysを使用する
Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

このサイトは「プログラミングとアフィリエイト」のことをメインにいろいろな情報を発信していきます!

Toshikazu Hiranoをフォローする
UiPath
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

  1. あい より:

    レコーダーの章の問題「完全セレクタは次のうちどれですか?(複数)」に対する回答が全て空白となってしまっているようです

  2. すず より:

    一問一答クイズ作成ありがとうございます。
    「Start Quiz」をクリックしても、ページ移動や隠れていたページが部分が出現する等の変化が見られません。
    どうしたら、回答が見れるでしょうか?

    また、最終テストは、Level1~13の章別テストとは異なり、毎回同じ問題なのでしょうか?
    (章別の方は、全部で20問ほど用意されていた中から5問がランダムで出題、という形だったため)

  3. ゆう より:

    UiPath回答集を利用させて頂きたいのですが、Start Quizをクリックしても作動しません。現在は利用できないのでしょうか??再開してくださると助かります。

  4. a より:

    ボタンを押してもなにもでない…

  5. 皆さま、コメントいただきありがとうございます。
    今回サイトの不具合で一問一答クイズができなくなってしまいました。
    つきましては、問題と回答をいっきに記載させていただきました。
    参考に勉強していただけると幸いです。

    今後とも、AllOne’sLifeをよろしくお願い致します。