【Photoshop】ガイド線の引き方と除去

画像編集
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
突然ですが、Photoshopでガイド線は使っていますか?バランスをよく文字を配置したいときや、細かい作業をやりやすくするために使用するガイド線ですが、今回はこのガイド線の引き方と除去について覚えてみましょう!

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・ガイド線の引き方と除去
・関連記事


スポンサーリンク

ガイド線の引き方と除去

ガイド線

ガイド線を引くことにより、画像に余白を設けたり画像や文字をうまく配置することができるようになります。

では、さっそくガイド線の引き方について解説していきます。まずはじめに、定規を表示します。表示 < 定規 で表示するか、Command⌘ + R で表示しましょう。

作業画面に定規が表示されたかと思います。

定規の部分で、右クリックすれば線の単位を確認することができます。「pixel,inch,cm,mm,point,pica%」があります。

表示された定規から、ガイド線を引きたいところまでドラック&ドロップします。左端からドラック&ドロップで縦線引け、上端からドラック&ドロップで横線が引けます。ガイド線は何本でも引くことができ、ガイド線を消すときは、出した位置までドラック&ドロップします

ガイド線を引きすぎて、一気に引いたガイド線を全て消したい場合は、表示 < ガイドを除去を選択します。

※作業中にガイドが動かないようにするためにガイドをロックしておきましょう!

ロックするときは、表示 < ガイドをロック または Option⌥  + Command⌘ + : でロックすることができます。

新規ガイドを使うことによってより正確な位置にガイド線を引くことができるので、この方法も覚えておきましょう!

また、作業画面にマス目を表示させる「グリッド」も便利なので表示方法を覚えておきましょう!

グリッドは、表示 < 表示・非表示 < グリッド  で表示させるか、Command⌘ + @ で表示させることができます。非表示にする方法も一緒なので、なるべくショートカットキーを使った方が効率がいいかと思います。

グリット線を出したけど、細かすぎてみにくく作業がしにくい。

そんな時には 環境設定 < ガイド・グリッド・スライスから、グリッド線の幅を変更します。

カラーで 線の色を変更し、グリッド線の幅を変更することでより使いやすくなったかと思います。

関連記事

Photoshopの使い方をまとめているので、よければこの記事もご覧ください!

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?すぐにガイド線を引くことができたかと思います。ぜひ、ガイド線を利用して作業をやりやすくしてみてください!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

Toshikazu Hiranoをフォローする
画像編集
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

Translate »