【Google AdSense】収益を受け取るには税務情報の提出が必須・入力例

アフィリエイト
Toshi
Toshi
Google AdSense を利用し収益を受け取っている方は、2021年5月31日までに税務情報の入力が必須になってきます。税務情報の入力を行わないと収益を受け取ることができません。今回は、税務情報の入力例を出しながら提出するまでの流れをお伝えします!

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・Google AdSense 収益を受け取るには税務情報の提出が必須・入力例


Google AdSense 収益を受け取るには税務情報の提出が必須・入力例

Google AdSense で収益を得ている人は、以下のようなメールがきているのではないでしょうか。

[重要] YouTube での収益に対する税の取り扱い変更についてのお知らせ
このたび、米国外のクリエイターの皆様向けに重要な変更がございますのでお知らせいたします。今年中に(早ければ 2021 年 6 月頃より)Google は、米国以外にお住まいのクリエイターの皆様へのお支払いから米国の源泉徴収税の控除を開始する必要がございます。控除する税額を正確に判断するため、クリエイターの皆様には今後数週間以内に、AdSense から税務情報をご提出くださいますようお願いいたします。2021 年 5 月 31 日までに税務情報を提出いただけなかった場合、クリエイター様の全世界における収益の最大 24% が、Google により控除される場合がございます。
YouTube チーム

Google AdSenseで収益を得ている方に関して、今まではこの税務情報を提出しなくてもよかったのですが、今は設定をしないと収益が受け取れなくなっています。とういうことで、サクッと税務情報を入力していきましょう。

マイナンバーの番号が必要になってきます。

税務情報の入力(例)

Google AdSense にログイン後 < お支払い < お支払いアカウントに関する問題 < 税務情報の管理 をクリック

税務情報の管理 < 米国の税務情報 から 税務情報の追加をクリック

ここからが入力になりますが、あくまで以下は私の入力した内容です。人によっては全く違うと思うので、よく内容を読んでから入力していってください。

米国の税務情報

口座の種類 : 個人

米国民であるか、米国に居住していますか?:いいえ

W-8 納税申告用紙タイプ:W-8BEN

W-8BEN 納税フォーム

個人名:氏名

DBA(ビジネス形態)または事業体:空欄

国籍:日本

納税者番号

外国のTIN:マイナンバー (個人番号)

住所

市区群 / 住所1行目 / 住所2行目 はローマ字入力のため、日本語の住所を英語表記に変換するWebサービスを利用すると楽です。

租税条約

租税条約下で源泉徴収に適用される軽減税率の請求を行なっていますか?:はい  / ☑︎ 日本

サービス / 映画とテレビ番組 / その他の著作権 にチェックをいれ以下の設定を行います。

書類のプレビュー

チェックをいれて、書類をクリックし PDFをダウンロードし保存しておきましょう。

納税証明

戸籍上の姓名:氏名

署名欄に記された人物はご自身ですか?:はい

米国内で行なっている活動とサービス、および宣誓供述書

納税者番号 セクションに記されている個人または事業体は、これまで米国内で Google を対象にした活動やサービスを行なったことがありますか?:いいえ 

 

送信

送信が完了すると、納税情報の管理という画面に切り替わります。

Google Payments: 税務情報が承認されました

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?ちょっとめんどくさくはありますが、ちゃんと設定をしておかなければ収益は受け取れません。入力情報にミスがないように2021年5月31日までに税務情報を提出しましょう!

コメント

T
error:Content is protected !!