【GitHub】使い方をProgateで学んでみた(メモ)

CODE
Toshi
Toshi
以前、GitHubは使ったことがあったのですが使い方を忘れてしまっていたため、GitHubの使い方をProgateで学び、使ったコードをメモベースで残しました。初心者でもGitHubがどういうものなのか、Progateの学習コースGit Ⅰをやればわかるかと思います。

 本記事の内容

・GitHub 使い方をProgateで学んでみた(メモ)


GitHub 使い方をProgateで学んでみた(メモ)

学習コース
Git I
言語バージョン: Git 2.7.4

Webサイトやアプリなどを作る際に、複数人で協力しながら開発していくことがあります。Gitを使うことでそのような共同開発をスムーズに進めることができます。
このレッスンでは「にんじゃわんこ」と「ひつじ仙人」と一緒にGitを学んでいきます。(このレッスンは「Command Line 学習コース 基礎編」の知識を前提としています。)

出典元:Progate

今回はProgateを使って、GitHubの環境構築から使い方を学んでみました。

やったことは、Gitの環境構築から学習コース「Git I」で使ったコードは以下になります。

  • git –version
  • git init
  • git remote add origin URL
  • git add ファイル名
  • git commit -m コミットメッセージ
  • git push origin master
  • git status
  • git diff
  • git log
  • git log -p
  • git pull origin master

学習時間の目安は全部で1時間20分になっており、ぱぱっと学ぶことができました。

※下記よりメモになります

リモートリポジトリの作成

mkdir フォルダ名

Gitで管理するフォルダを作成する

git init

Gitで管理できるようにするために git init を宣言

 git remote add origin <URL>

リモートリポジトリを指定するコマンド

ファイルの更新手順(add < commit < push)

  1. ファイルの追加
  2. ファイルのコミット
  3. ファイルの更新

ファイルの追加

git add ファイル名

ファイルのコミット

git commit -m "コミットメッセージ"
[master 91d7fb3] Create index.html
 1 file changed, 12 insertions(+)

コミット成功

コミットエラー

On branch master
Changes not staged for commit:
	modified:   index.html

no changes added to commit

 git add をやっていなかったためエラーが出た。

ファイルの更新

git push origin master

git push origin master で「git remote add origin https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名」で登録したリモートリポジトリにアップロードすることができる。

Enumerating objects: 5, done.
Counting objects: 100% (5/5), done.
Delta compression using up to 8 threads
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 412 bytes | 412.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名
   52f08e0..91d7fb3  master -> master

ファイル更新成功

ファイルの変更確認

git status
On branch master
nothing to commit, working tree clean

※push後のメッセージ

On branch master
Changes not staged for commit:
  (use "git add ..." to update what will be committed)
  (use "git restore ..." to discard changes in working directory)
	modified:   ファイル1
        modified:   ファイル2

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

※変更があったファイル名は赤く表示される、git add / git commit -a をしなくてはいけない

On branch master
Changes not staged for commit:
  (use "git add ..." to update what will be committed)
  (use "git restore ..." to discard changes in working directory)
	modified:   ファイル1
        modified:   ファイル2

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

※addした場合、ファイル名は緑で表示される

変更内容の確認

git status は 変更されたファイルの確認をすることができました。 git diff では、ファイルの変更内容を確認することができます。

diff --git a/stylesheet.css b/stylesheet.css
index 957d575..e0699fb 100644
--- a/stylesheet.css
+++ b/stylesheet.css
@@ -1,3 +1,6 @@
 .title {
   color: #44dcc0;
 }
+.subtitle {
+  color: #8491a5;
+}

※変更内容はでハイライト

ログの確認

git log

git log を使うことで、誰がいつどんなメッセージでコミットしたのか確認することができます。

Author: ユーザー名 <メールアドレス>
Date:   Tue May 18 02:13:12 2021 +0900

    コミットメッセージ

※git diff 同様に git log -p で内容確認することができます

確認したら q でぬけましょう。

ファイルのダウンロード(プル)

git pull origin master

プルエラー

From https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名
* branch            master     -> FETCH_HEAD
Already up to date.

※psuhした側がpullしようとした結果

まとめ

Toshi
Toshi

ProgateでGitHubの使い方を思い出すことができました。Web上(Progate)で使い方を学んだあとは、実際にローカルで手を動かしてみましょう!

コメント

T
error:Content is protected !!