【Linux】viコマンドの使い方とコマンド一覧

command line
Toshi
Toshi
最近、viコマンドを使って作業することがありviコマンドの使い方と自分でも忘れた時にパッと探しやすいように、viコマンドの一覧を作ってみました。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・viコマンドの使い方とコマンド一覧


viコマンドの使い方とコマンド一覧

viコマンドを使ってみよう!
以前、ターミナルの使い方(操作方法・できること)については解説したのですが、今回はターミナルで使うviコマンドの使い方とコマンド一覧ということで記事にまとめていきたいと思います。

vi コマンドでできることは、ざっくり言うとターミナル上でファイルを作ってファイルの中身をいじることができる。コマンドになっています。

まずは、viコマンドの使い方についてささっと説明していきたいと思います。

viコマンドの使い方

では早速、ターミナルを開いてデスクトップに vi コマンドでファイルを作っていきます。

ファイル名は、hoge.txt 。

vi hoge.txt

と打ち込みエンターを押すとファイルが作られます。

このファイルの中身を編集するためには、 i を押して インサートモード(–INSERT–)に切り替える必要があります。

vi で作ったファイルです。

中身は適当にこんな文字で…

後は保存するだけです。escを押した後に :wq と打ち込みエンターを押して保存します。

保存されると、hoge.txtがデスクトップに出てきたかと思います。

hoge.txt を確認したら中身の内容は一緒ですね。

このように、viコマンドはターミナルからファイルを作ってファイルの中身を自由に変更することができます。流れとしては…

  1. ターミナルを開く
  2. vi ファイル名 でファイルを作る
  3. i(インサートモード)でファイル内を編集
  4. 編集を終わらせたい時は、esc を押し :wq で保存

となります。ファイルは touch ファイル名 ”とコマンドを打ち込むことで作成することはできますが、中身の編集が viコマンドを使わなければ修正することができません。

touch ファイル名

viコマンドは、ファイルのちょっとした修正に便利です。また、viコマンドとvimコマンドの違いですが…

vim は vi のほとんどの機能を内包していますので、vi ができることは ほとんど vim でできます。では、何故、vi が存在するか?vi はベースシステムに存在するのでほとんどの Unix/Linux をインストールした時点で 使えます。いくつかの OS では vim は別途インストールする必要があります。vim をインストールするために 設定用のテキストファイルをいじるには vi が必要です。また、モニタにはグラフィックの機能がなくキャラクタしか表示できないものが存在します。
vim はそういうモニタでは動作しないことがありますが、vi は確実に動作します。OS がマルチユーザで起動できなくなってシングルユーザで起動したときに、ほとんどのアプリケーションは動作しませんが、vi の存在するデバイスがマウントできれば、vi が使えます。ピンチに陥った最後の手段として vi は存在します。

出典元:Terminalでのviとしての起動とvimとしての起動の違い

viコマンド一覧

編集

インサートモード(–INSERT–) で基本的にはファイル編集を行えるようにしていきます。また、ビジュアルモード— VISUAL —では、複数行を削除することができるので合わせて使うと便利です。

コマンド動作
iインサートモード(編集開始)
vビジュアルモード(複数行の削除)

カーソル移動

コマンド動作
or k上に移動
or j下に移動
or l右に移動
or h左に移動

検索

/ で検索することができます。

コマンド動作
/文字検索

保存、終了

escを押した後の 保存、終了コマンド

コマンド動作
:w保存
:q終了
:wq保存してから終了
:q!強制終了

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?viコマンドの使い方が分かったかと思います。viコマンド一覧ということでちょっとまとめていますが、最低限使うものしか記載していないため気になる方は「vi コマンド リファレンス」から他の確認してみてください。

コメント

T
error:Content is protected !!