【Mac】覚えておくと便利な入力変換(control + space)

その他
Toshi
Toshi
Macで入力変換する際に覚えておきたいショートカットが、control + space になります。「ひらがな」「英字」「カタカナ」また、追加した言語にも簡単に切り替えることができます。どういった感じで切り替えられるのか、またどうやって他の言語を追加するのか解説していきます。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・覚えておくと便利な入力変換(control + space)
・言語の追加方法


覚えておくと便利な入力変換(control + space)

control + space を押し、spaceを続けて押すことによって使用したい 入力ソース に切り替えることができます。
もちろん、Macに割り振られているショートカットキーを使っても入力変換をすることが可能です。

この場合、「英字」にするには「 ^⬆︎; 」。「ひらがな」にするには「 ^⬆︎J 」。「カタカナ」にするには「 ^⬆︎K」で変更することができます。

^ control / ⬆︎ Shift 

私は、よく中国語を使うので中国語をキーボードに追加したのですが、追加したキーボードについて ショートカットキー は割り振られていません。そのため、control + space を使って 簡体字 に切り替えています。

逆に control + space  さえ知っておけば、他のショートカットは覚える必要がないと思います。

言語の追加方法

一応、Macの言語追加についても見ていきましょう!言語を追加するには キーボード を開く必要があります。

システム環境設定 < キーボード < 入力ソース

入力icon < 環境設定 < 入力ソース

入力ソースを開いたら、+ を押して必要な言語を追加します。

間違っていらない言語を追加してしまった場合は、いらない言語を選択 < – をクリック で言語の削除を行います。

+ を押した後、言語を選択し 追加 をクリックします。

これで追加することができました!

ショートカットキーが割り振られていたので試しに出してみることに…

^ control⬆︎ Shift  + space

出てきました!が、ちょっと使いにくいですね… “esc”を押すと手書き認識を一時停止します 手書き文字を表示した後、一旦一時停止をしてマウスを 正常な位置まで持っていってから 手書きするようにしてみましょう。

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?control + spaceさえ覚えておけば簡単に入力ソースの変換ができます。

覚えておきましょう!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

Toshikazu Hiranoをフォローする
その他
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

T