【CentOS】WordPress更新とエラー解決方法

WordPress
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
仮想環境(CentOS)でWordPressの更新時にエラーが出てしまいました。この記事では「FTP接続を求められる」「ディレクトリを作成できませんでした」「ファイルパーミッションが適切でないことが原因」の解決していきます。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・【CentOS】WordPress更新とエラー解決方法
※2018年1月の記事を更新


スポンサーリンク

【CentOS】WordPress更新とエラー解決方法

CentOSのWordPressを更新する際、3つのエラーがでてきました。

  1. FTP接続を求められる
  2. ディレクトリを作成できませんでした
  3. ファイルパーミッションが適切でないことが原因

ちょっとメモベースとなってしまいますが、自分のエラー解決方法を記載したいと思います。

FTP接続を求められる

今回の原因はSSHのみでサーバー操作を行っているためFTP情報がない状態になっています
そのため wp-config.php と functions.php に 以下のコードを追加します。
wp-config.php
define(‘FS_METHOD’,’direct’);
functions.php
function set_fs_method($args) {

 return ‘direct’;
 }
add_filter(‘filesystem_method’,’set_fs_method’);

これで更新ボタンが押ができるようになりました。

では、次の問題を解決していきます!

ディレクトリを作成できませんでした

インストール失敗したため新しいディレクトリを作ってみて…

mkdir wp-content/upgrade

その他のユーザーに権限を与えていきます。

chmod 0707 wp-content/upgrade
chmod 0707 wp-content/themes
chmod 0707 wp-content/plugins

すると…ファイルパーミッションが適切でないことが原因とでてきました。スクリーンショットを撮り忘れていましたが、いろいろエラー起きすぎだろ。と思いながらポチポチ作業をすすめていきます。

ファイルパーミッションが適切でないことが原因

いくつかのファイルをコピーできないため、最新版のインストールができません。これはたいていの場合、ファイルのパーミッションが適切でないことが原因のようです。

ファイルパーミッションとは、ファイルごとに定義された、読み出し・書込みなどのアクセスに対する許可情報。通常は、ファイルシステム内のファイルごとに、特定のユーザーやグループに対してアクセス権を設定する。これによって、ユーザーごとのファイルシステムの見え方に影響を与え、ファイルシステムに対する変更を制限する。

出典元:ウィキペディア

下記を試して

chown -R apache.apache "インストールディレクトリのパス"

更新に成功

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?色々調べながらエラーを解決していったのですが、結果的には権限の変更がポイントだったみたいですね。よく理解しないとまた同じようなエラーをおこしてしまうのでポイントを抑えて作業しましょう!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

このサイトは「プログラミングとアフィリエイト」のことをメインにいろいろな情報を発信していきます!

Toshikazu Hiranoをフォローする
WordPress
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント