UiPathアクティビティ 一覧
(WORKFLOW FOUNDATION)

ワークフロー

「Assign」- 変数または引数に任意の値を割り当てます。ループ内で変数の値を 1 増やす 。2 つ以上の変数の値の和を計算してその結果を別の変数に代入する。値を配列に代入する。などの目的で使用できます。既定では、このアクティビティは Favorites グループにも含まれています。

「Delay」- ワークフローを続行する前に、指定した時間のあいだ待機します。

「Do While」- 条件が満たされているあいだ特定のシーケンスを実行するループを作成します。シーケンスは少なくとも 1 回実行され、条件が満たされなくなるまで実行されます。注: 条件にはブール値 (True または False) を持たせる必要があります。

「If」- プロジェクトで、指定した条件が成り立つかどうかに応じて 1 つまたは 2 つの異なる操作を選択できます。このアクティビティには、 ConditionThen、および ElseCondition フィールドにはブール式を含める必要があります。この式に従って、 Then または Else セクションのどちらかが実行されます。 Then セクションは、条件が True の場合に実行するアクティビティで構成されます。 Else セクションは、条件が False の場合に実行するアクティビティで構成されます。

「Sequence」- 多数の子アクティビティで構成される直線的なプロセスを作成できます。これらは並び順に実行されます。単体のオートメーションプロジェクトとして利用したり、フローチャートや状態機械の一部として追加したりでき、特定のアクティビティをグループ化するのに役立ちます。

「witch」- あらかじめ設定した条件に基づいて、複数のオプションの中から 1 つの操作を実行できます。このアクティビティは、1 つの条件式と、case のコレクションで構成され、それぞれに対応するアクティビティ (1 つ以上) を記述します。 Switch アクティビティは、条件式との一致に基づいて、コレクション内の 1 つの case を実行します。条件がどの case とも一致しない場合は、 Default (既定) の case を実行します。Switch アクティビティは、3 つ以上の case を条件でテストする必要がある場合に、 If アクティビティの代わりに使用できます。

「Flow Decision」- 指定した条件が成り立つかどうかに応じて 2 つの分岐のうち 1 つを実行するアクティビティです。分岐のタイトルは既定で True および False ですが、[Properties] パネルで名前を変更することができます。このアクティビティは Flowchart でのみ使用でき、If アクティビティと等価です。

「Flow Switch」- 制御フローを 3 つ以上の分岐に分割するフローチャート固有のアクティビティです。指定した条件に基づいて、3 つのうち 1 つが実行されます。

「Flowchart」- 各種のアクティビティで構成されるプロジェクトの種類です。これらのアクティビティを複数の方法で別のアクティビティに接続することができ、単純な操作を自動化したり複雑なビジネスプロセスを作成したりできます。生成されるダイヤグラムは、プロセスを簡単に確認して追跡するのに役立ちます。Flowchart は、単独のオートメーションプロジェクトとして使用することも、より大規模なプロシージャーに追加することもできます。

「Try Catch」- シーケンスまたはアクティビティの中で指定した例外の種類をキャッチし、エラー通知を表示するか、例外を無視して実行を続けます。

「State Machine」- ステートマシン固有のアクティビティを使用するためのコンテナ。ステートマシンの初期状態にリンクできる開始ノードが含まれています。ステートマシンの詳細については、ドキュメントプラットフォームまたは公式のWorkflow Foundationのドキュメントを参照してください。

「State」- 開始ノードに直接リンクされている場合、初期状態としても機能できる状態マシン固有のアクティビティ。次のように、編集可能な3つの領域があります。 エントリ領域には、状態が入力されたときに実行されるアクティビティが含まれます。 Exit領域には、状態を終了するときに実行されるアクティビティが含まれます。 遷移領域は、この状態が他の状態に関連して有する現在の遷移を記述する。

No Img….

「Transition」- 遷移アクティビティは、従来のアクティビティのように、アクティビティパネルからドラッグできません。ステートマシンコンテナ内でステートを別のステートまたは最終ステートにリンクすると生成されます。このアクティビティは、オートメーションプロジェクトがある州から別の州に渡すことができる条件を入力するのに役立ちます。ステートマシンの詳細については、ドキュメントプラットフォームまたは公式のWorkflow Foundationのドキュメントを参照してください。

「Final State」- State Machineサイクルを終了させるState Machine固有のアクティビティ。このアクティビティには、状態が入力されたときに実行されるアクティビティを保持するエントリ領域が含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です