UiPathで文字列の操作、VB.NETはみておこう!

 UiPathで文字列の操作、VB.NETはみておこう!

今回は、UiPathでの文字列操作についてまとめていきます。
ちょっとその前に、やりたいことを確認するために VB.NETを覗いてみましょう!

そもそもVB.NETとは?

Microsoftが開発した、Windowsで動くプログラムを作るためのプログラミング言語

みたいですね。
このプログラミング言語の使い方は、MSDN で調べてみることができます。

UiPathではこの VB.NET の関数が使えます。

変数を使う時に .で繋げると型の変更等が可能となります。

実際に使っていきましょう!

 日付の取得

DateTime.Now.Tostring
・現在の日付、年、時間が取得できる。

DateTime.Now.Tostringから取りたいものを細かく指定するには Tostringの後に(“”)をつけて指定する。

  1. DateTime.Now.Tostring(“yyyy”) → 2018 (年)
  2. DateTime.Now.Tostring(“MM”) → 04 (月)
  3. DateTime.Now.Tostring(“dd”) → 15 (日)
  4. DateTime.Now.Tostring(“ddd”) → 15 (曜日の英語表記)
  5. DateTime.Now.Date.ToString(“dddd”,New Globalization.CultureInfo(“ja-JP”)) → 日曜日 (曜日の日本語表記)

時刻だけ取得する方法もあります!

Now.ToString(“HH:mm”)
・時刻の取得

 文字列の置換、切り分け、切り出し、削除

Replace
・文字の置換をする際には、Replaceを使います。
変数.ToString.Replace(“置換したい文字”,”置換される文字”)

ここでは UiPath を RPA に置換することができています!

※注意点としては文字が完全一致してないと置換されません。
SubString
・文字の抽出をする際には、SubStringを使います。
変数.ToString.Replace(“抽出する文字の位置”,”抽出する文字数”)

 

ここでは、Substring、Split、Replaceがうまく抽出できていますね!

Split
・文字を切り出したい場合は、Splitを使います。
変数.ToString.Split(“区切りたい文字”.ToCharArray)

ここでは、Splitを抽出しているのですが抽出するためにまず Assign を使い Message を区切っていきます。メッセージ内では 、 が使われているのでこれを使って区切りましょう。

Message.ToString.Split(“、”.ToCharArray)でうまく区切ることができます!

ToCharArrayは配列に格納していてメッセージ内が「、」で区切られています。

{“UiPathの文字列操作についてです。ここでは”,”Substring”,“Split”,”Replaceについて説明していきます。”}

{0,1,2,3}

配列は0から数えていくため、Splitは2番目となります!

 特定の文字を検索

Contains
・変数.Contains(“検索文字”)
検索した文字が含まれている場合、 True  or  False で返ってきます!

 

文字は変更は Tostring から . で繋げていけばいろんな変換が効くみたいですね!
ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です