UiPath アクティビティ一覧(EXCEL)

システム

「Append Range」 – DataTable 変数に格納されている情報を、指定した Excel スプレッドシートの最後に追加します。シートが存在しない場合は、SheetName フィールドで指定した名前で新しいシートが作成されます。

「Get Table Range」 – 指定したスプレッドシートから Excel テーブルの範囲を抽出します。

「Read Cell」 – Excel セルの値を読み取って変数に格納します。

「Read Cell Formula」 – 指定した Excel セルで使用されている数式を抽出します。

「Read Column」 – StartingCell フィールドで指定したセルを開始セルとして、列からの値を読み取り、IEnumerable 変数に格納します。

「Read Range」 – Excel の範囲の値を読み取って DataTable 変数に格納します。範囲を指定しない場合は、スプレッドシート全体を読み取ります。範囲をセルとして指定した場合は、そのセルから始まるスプレッドシート全体を読み取ります。

「Read Row」 – StartingCellフィールドで指定されたセルから始まるExcel行の値を読み取り、IEnumerable “object” 変数に格納します。

「Write Cell」 – 指定したスプレッドシートセルまたは範囲に値を書き込みます。シートが存在しない場合は、SheetName 値の名前で新しいシートが作成されます。値が存在する場合は上書きされます。変更はすぐに保存されます。

NoImage…

「Write Range Suggest Edits」 – DataTable 変数のデータを、StartingCell フィールドで指定したセルを開始点としてスプレッドシートに書き込みます。開始セルを指定しない場合は、A1 セルからデータを書き込みます。シートが存在しない場合は、SheetName 値の名前で新しいシートが作成されます。指定した範囲内のセルはすべて上書きされます。変更はすぐに保存されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です