UiPath アクティビティ一覧(CORE)

UiPath
スポンサーリンク

Orchestrator

「Raise Alert」 – 選択した重大度を使用して、Orchestratorでカスタムアラートを追加できます。 Orchestratorで電子メールアラートを受信するために必要な設定がすべて完了している場合は、致命的またはエラー重大度のこのアクティビティで発生したアラートも電子メールに含まれます。このアクティビティをStudioで実行するには、ロボットはOrchestratorに接続されていなければならず、ロボットの役割はアラートに対して表示、作成、編集の権限を持っている必要があります。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Orchestrator HTTP Request」 – 実行されたロボットの下で認証することによって、Orchestrator APIへのHTTP要求を実行します。 GET、POST、PUT、PATCH、およびDELETEの動詞を使用してデータを抽出したり操作したり、JSONを通じて特定の情報を送信したりすることができます。要求ごとに、実行している要求や、ロボットをOrchestratorに接続する必要があるかどうかによって、Orchestrator Robotの役割に異なる権限が必要になる場合があります。たとえば、組織単位でPUT要求を実行するには、表示、作成、編集の各アクセス許可が必要です。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Get Asset」 – 入力した AssetName を使用して、指定したアセットを取得します。アセットがグローバルでない場合は、取得のためにローカルのロボットに割り当てる必要があります。

「Get Credential」 – 入力した AssetName を使用して、指定したクレデンシャルを取得し、ユーザー名とセキュアなパスワードを返します。

「Set Asset」 – Orchestratorで既に使用可能な、指定されたアセットの値をグローバルまたはロボット単位のアセットとして更新することができます。このアクティビティを実行するには、ロボットロールにアセットに対する編集権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Set Credential」 – Orchestratorで既に使用可能な、指定された資格情報資産の値をグローバルまたはロボット単位の資産として更新することができます。このアクティビティを実行するには、ロボットロールにアセットに対する編集権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Get Jobs」 – Orchestrator APIを使用して、カスタムフィルタに従ってOrchestratorジョブの一覧を取得します。また、スキップするジョブの数や検索するジョブの最大数を指定することもできます。 Studioでこのアクティビティを実行するには、ロボットをOrchestratorに接続し、ロボットロールにジョブ、プロセス、および環境のView権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Start Job」 – 特定の数のロボットでOrchestratorでジョブを開始できます。 Studioでこのアクティビティを実行するには、ロボットがOrchestratorに接続されている必要があります。また、ロボットロールにはジョブの作成権限と編集権限が必要で、プロセスや環境も表示する必要があります。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Stop Job」 – Orchestratorでジョブを停止または強制終了できます。 Studioでこのアクティビティを実行するには、ロボットをOrchestratorに接続する必要があります。また、ロボットロールには、ジョブの作成と編集の権限と、プロセスと環境に対する権限の表示権限が必要です。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Add Queue Item」 – キューに新しい項目を追加します。項目のステータスは New になります。

「Add Transaction Item」 – キューに新しい項目を追加し、トランザクションを開始します。アイテムのステータスはInProgressに設定されます。項目をQueueItem変数として返します。このアクティビティを実行するには、ロボットロールにトランザクションの表示、作成、および編集権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Delete Quesu Items」 – 指定したキューから新しい状態の項目を削除できます。スタジオでこのアクティビティを実行するには、ロボットをOrchestratorに接続し、ロボットのロールにキューとトランザクションの両方の表示、編集、作成、削除の権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Get Transaction Item」 – トランザクションを開始できるようにキューからアイテムを取得し、そのステータスをIn Progressに設定します。このアクティビティを実行するには、ロボットのロールにトランザクションの表示、編集、作成の権限と、キューに対する権限の表示と編集が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

キューが空の場合、次のエラーがスローされます。 “System.Exception:オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。”

「Postpone Transaction Item」 – トランザクションを処理しなければならない期間を示す時間パラメーター (DeferDate より前でなく、DueDate より後でない) を追加します。

「Set Transaction Progress」 – In Progress のトランザクションに対して独自の進行状況ステータスを作成するのに役立ちます。

「Set Transaction Status」 – トランザクション項目のステータスを Failed または Successful に設定します。

「Get Queue Items」 – 指定したキューから、作成日、優先度、状態、参照などの複数のフィルタに従って、トランザクションのリストを取得できます。 Studioでこのアクティビティを実行するには、ロボットをOrchestratorに接続し、ロボットロールにトランザクションとキューの表示権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

「Should Stop」 – 指定したキューから、作成日、優先度、状態、参照などの複数のフィルタに従って、トランザクションのリストを取得できます。 Studioでこのアクティビティを実行するには、ロボットをOrchestratorに接続し、ロボットロールにトランザクションとキューの表示権限が必要であることに注意してください。アクティビティは、実行するロボットの下で実行されます。

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

このサイトは「プログラミングとアフィリエイト」のことをメインにいろいろな情報を発信していきます!

Toshikazu Hiranoをフォローする
UiPath
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント