クラウドファンディングの進め方と【CAMPFIRE】をお勧めする理由

その他
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
クラウドファンディングの進め方は実際にCAMPFIRE(クラウドファンディング)のプロジェクトをおこなってみての注意点と進め方について徹底解説していきたいと思います。

今回解説していく内容は以下です!

 本記事の内容

・クラウドファンディングとは?
・CAMPFIREをお勧めする理由
・CAMPFIREでプロジェクトを開始する
・プロジェクトを成功させる方法とは?
・クラウドファンディングに成功したプロジェクトの共通点


スポンサーリンク

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、ざっくり説明するとインターネットを介して資金調達を行う仕組みのことです

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆と資金調達を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。日本ではミュージックセキュリティーズの音楽ファンドが初のクラウドファンディングであると言われている。

出典元:ウィキペディア

これではちょっとわかりにくいので図でまとめてみました。

登場人物は起案者(クラウドファンディング)をやる側と支援者です。

クラウドファンディングを行えるサイトはたくさんあり、サイトによっても特徴がちょっと違うため今回は4つのサイトに絞って紹介したいと思います

クラウドファンディングサイト4選

GREE FUNDING

GREEN FUNDING by T-SITEは、CCC(TSUTAYA)グループのアセットを活用し、資金調達にとどまらないマーケティング支援を行います。

GREE FUNDING の強みとしては、店舗(蔦屋書店)でのイベント開催のサポート等をおこなっているところです。

プロジェクトの進め方は

  1. 起案の相談
  2. プロジェクトページの作成
  3. クラウドファンディングの開始
  4. クラウドファンディングの終了
  5. 支援者にリターン

といった流れです。利用料金としては運営手数料が安く12%と17%です。運営側からのサポートが必要ないということであれば 12% となるため業界最安値の手数料だと思います

Readyfor

Readyforが多くの方に選ばれている理由のひとつが、豊富な実績をもとに構築してきたサポート体制です。また、成功プロジェクトの傾向を分析し、その知見を活用することで、達成率75%という最高水準を実現しています。これは業界平均が30%程度であるのに対して、突出した数字です。

Readyfor の強みとしては支援募集期間中に目標金額を達成した場合、さらに多くの資金を集めるため、「第2の目標金額」の設定が可能というところです。

プロジェクトの進め方は

  1. プロジェクトの申請(相談)
  2. プロジェクトの掲載準備
  3. プロジェクトの公開
  4. 募集終了・リターン送付

といった流れです。利用料金としては運営手数料で20%を支払わなければいけません。

Makuake

世の中にまだない、新しくて面白い新製品や新サービス、新店舗などの誕生を
サポートするクラウドファンディングサービス

Makuake の強みとしては 特許取得済みの市場分析ツール圧倒的なPR力です。

プロジェクトの進め方は

  1. プロジェクトの申請(相談)
  2. プロジェクトの掲載準備
  3. プロジェクトの公開
  4. 募集終了・リターン送付

といった流れです。かなりプロジェクトの申請から掲載までの審査は厳しいです。利用料金としては運営手数料で20%を支払わなければいけません。

CAMP FIRE

サービス開始以来、これまでに22,000件以上のプロジェクトが立ち上がり、1,290,000人以上の支援者によって、総額121億円を超える支援が行われてきました。これからも、日本最大級のクラウドファンディング・プラットフォームとして、クラウドファンディングの本質を追求し成長しつづけます。

CAMPFIRE の強みとしては、誰でも気軽にプロジェクトを始めることができ、他のクラウドファンディングとは違い「スタッフに相談することなく」プロジェクトページを作成できるところです。スピード感をもってクラウドファンディングをおこない方にはオススメです!

プロジェクトの進め方は

  1. プロジェクトページの作成 < 審査
  2. プロジェクトの公開
  3. プロジェクトの終了・リターン送付

といった流れです。利用料金としては運営手数料で17%を支払わなければいけません。

CAMPFIREをお勧めする理由

CAMPFIRE は気軽に個人でもできるということやプロジェクトをすぐに開始できる点がとても良いと感じています。個人や、会社で取り組んだことがありますがプロジェクトを考え開始するまでおよそ1ヶ月で準備から開始することができました。

また、CAMPFIREのキャッチコピーでもある

 夢見る人を、はじめる人に。

が個人的にかなり好きです。

ということで今回はCAMPFIREで実際にプロジェクトを開始するまでの細かい内容について解説します

CAMPFIREでプロジェクトを開始する

CAMPFIREでプロジェクトを開始(公開)するには以下の項目を埋めて 0% → 100% にして、申請する必要があります。申請すると運営側がプロジェクトを掲載できるかどうか判断し、掲載できない判断が降れば差し戻しになります。

  1. 目標設定
  2. 概要
  3. ビジュアル
  4. 本文
  5. リターン
  6. 本人確認

ちょっと1つずつ詳しくみていきましょう。

目標設定

目標設定では以下を設定していきます。

・目標金額(10,000円以上)

・All-In 方式 か All-or-Nothing 方式 を選択
All-In 方式:目標金額を達成しなくても資金を受け取れる方式。
All-or-Nothing 方式:目標金額を達成すると資金を受け取れる方式。

概要

概要では以下を設定していきます。

タイトル
概要文
カテゴリ(選択)

ビジュアル

ビジュアルでは以下を設定していきます。

メイン画像
サブ画像
動画(YouTube、Vimeo)

本文

本文では以下を設定していきます。

はじめに・ご挨拶
信頼性を高めるため、ご本人もしくは実行チームの簡単な自己紹介を書きましょう。

このプロジェクトで実現したいこと
企画内容と目的を具体的かつ論理的に書きましょう。

プロジェクトをやろうと思った理由
プロジェクト立ち上げの背景や経緯を具体的に書きましょう。

これまでの活動
プロジェクトにつながる過去の活動や体験を書きましょう。

資金の使い道
集めた支援金用途や内訳を書きましょう。

リターンについて
リターンに関する説明や画像を載せましょう。

実施スケジュール
プロジェクト実施の計画を時系列で書きましょう。

最後に
応援したくなるような熱いメッセージを書きましょう。

※募集方式についての説明も載せるとわかりやすいです。

例)
<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

リターン

・金額
・内容
・お届け予定
・画像
・オプション
・メールアドレス取得
・お届け先取得
・備考欄

本人確認

・名前
・郵便番号
・都道府県
・住所
・電話番号

プロジェクトが差し戻される理由

プロジェクトの申請を行なっても差し戻される可能性があります

これは、本文中の内容に不備があったり本文中の画像または動画に関して著作権を侵害していないか?また、本文内の表現があまりにも不適切ではないかなど。審査が入ってきます。

  • 画像・動画の著作権は大丈夫か?
  • 商品をリターンにする場合販売許可はとっているか?
  • プロジェクトの開始日の指定がおかしくないないか?
  • 資金の使い道は適切か?(目標金額と資金の使い道がずれていないか)

等様々な要因があります。これは担当者と話し合って解決できるため、申請をして差し戻しがあった場合担当者から詳しく教えてもらうことができるため安心してプロジェクトを進めることができます

初心者が知っておきたいこと

初心者が知っておきたいことはだいたい「よくある質問」にまとめられています。

以下のリンクから確認してみてください!

また、その他わからないことがあればヘルプページで調べるといいかと思います!

プロジェクトを成功させる方法とは?

プロジェクトを成功させるためには…とにかく SNS広告の利用PRサービス の利用をしなければいけないと思います。なぜかというとどれだけ良い商品やプロジェクトを起案したとしても実際に支援者の人達に知ってもらえなければ意味がないからです。

SNS広告には は 主にTwitter広告やFaceBook広告があります。プロジェクトによって狙う年齢層も違うと思うのでよりあった媒体で広告運用を行いましょう!

PRサービス  を考えてみると、プレリリースうつことのできる PRタイムズ というサイトを利用してみたり

インフルエンサー(YouTuberやインスタグラマー)、ブロガーに依頼してプロジェクトの認知度をあげていきましょう!
また、CAMPFIREにもプロジェクトを開始した後にメルマガを有料で利用することができたりもしますこのメルマガでは1枠が「1〜4万円」で40万人へ向けての配信となり、メルマガは基本的に「水曜と土曜日」の週2配信です。
こういったサービスも積極的に利用できたら「プロジェクトの成功確率もグッとあがるかと思います。」

クラウドファンディングに成功したプロジェクトの共通点

私は実際にCAMPFIREとMakuakeに挑戦しているのですが、クラウドファンディングに成功したプロジェクトの話を聞いたところ共通点が見つかりました。

  1. 初日に多くの支援者を獲得
  2. 広告運用を行なった
  3. ティザーページ(LP)を作成していた

まとめ

Toshi
Toshi

いかがでしたか?CAMPFIREが個人的にはプロジェクトも進めやすく担当者も基本的にしっかりとした対応で良かったです。クラウドファンディングはサイト毎に特徴があるためそれを理解し、自分が進めたいプロジェクトにあったクラウドファンディングサイトを選びましょう!

コメント