UiPath アクティビティ一覧(CORE)

システム

「Append Line」 – 指定した文字列をファイルの最後に追加します。ファイルがまだ存在しない場合は作成します。

「Copy File」 – 指定した場所から別の場所にファイルをコピーします。

「Create Directory」 – 指定した場所にディレクトリを作成します。

「Create File」 – 指定した場所にファイルを作成します。

「Delete」 – 指定した場所にあるファイルまたはフォルダーを削除します。

「File Change Trigger」 – 指定したファイルまたはフォルダーで変更を監視します。Monitor Events アクティビティの中でのみ使用できます。

「Move File」 – 指定した場所から別の場所にファイルを移動します。

「Path Exists」 – 指定したパスが存在するかどうかをチェックします。パスとして、ファイルパスまたはディレクトリパスを表現できます。

「Read Text File」 – 指定したファイルからすべての文字を読み取り、String 変数に格納します。

「Write Text File」 – 指定したテキストをファイルに書き込みます。既存のテキストは上書きされます。

「Get From Clipboard」 – クリップボードからデータを取得します。

「Set To Clipboard」 –  指定したテキストをクリップボードに置きます。

「Copy Selected Text」 – クリップボードの機能を使用して、選択したテキストを取得します。

「Get Processes」 – すべての実行中プロセスのリストを取得します。

「Kill Process」 – 指定したプロセスを強制終了します。

「Close Application」 – 指定した UI 要素に対応するアプリケーションを閉じます。

「Open Application」 – 指定したアプリケーションを起動し、その中で複数のアクションを実行するコンテナーです。必要に応じて、引数のリストをアプリケーションに渡すこともできます。

「Start Process」 – 指定したアプリケーションを起動します。必要に応じて、引数のリストをアプリケーションに渡すこともできます。

「Beep」 – スピーカーでビープ音を鳴らします。

「Get Environment Folder」 – 指定した特殊なシステムフォルダーへのパスを取得します。

「Get Environment Variable」 – 指定した環境変数の内容を取得します。

「Get Password」 – パスワードを現在のユーザーに関連付けることで、パスワードを暗号化します。現在のユーザーコンテキストの下で実行中のワークフローのみがパスワードを解読できます。

「Invoke Power Shell」 – 指定した入力パラメーターを使用して PowerShell コマンドを実行します。

「Input Dialog」 – ユーザーにラベルメッセージと入力フィールドを提示するダイアログボックスを表示します。

「Message Box」 – 指定したテキストとボタンオプションによるメッセージボックスを表示します。

「Select File」 – ファイルを選択するためのダイアログボックスを開きます。

「Select Folder」 – フォルダーを選択するためのダイアログボックスを開きます。

「Callout」 – タイトルとテキストのあるポップアップを、一定時間のあいだ、指定した UI 要素に表示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です