UiPath アクティビティ一覧(CORE)

プログラミング

「Is Match」 – 指定した正規表現と、指定した一致オプションを使用して、指定した入力文字列の中で一致が見つかったかどうかを示します。

「Matches」 – 入力文字列の中で正規表現のすべての出現箇所を検索し、正常な一致をすべて返します。

「Replace」 – 指定した入力文字列の中で、正規表現パターンに一致する文字列を、指定した置換文字列に置き換えます。

「Add Data Column」 – 指定した DataTable に DataColumn を追加します。

「Add Data Row」 – 指定した DataTable に DataRow を追加します。

「Build Data Table」 – 指定したスキーマに従って DataTable を作成します。

「Clear Data Table」 – 指定した DataTable のすべてのデータを消去します。

「Get Row Item」 – 指定した列に従って DataRow 変数から値を取得します。

「Merge Data Table」 – 指定した DataTable と現在の DataTable をマージして、変更を保存するかどうか、および、現在の DataTable に存在しないスキーマの処理方法を指定します。

「Output Data Table」 – CSV 形式を使用して DataTable を文字列に書き込みます。

「Remove Data Column」- 指定した DataTable から DataColumn を削除します。

「Remove Data Row」 – 指定した DataTable から DataRow を削除します。

「For Each Row」 – 指定した DataTable にある各行について 1 回ずつアクションを実行します。

「Generate Data Table」 – 非構造化データからDataTable変数を生成します。このアクティビティでは、テーブルが生成される列と行のセパレータを選択できます。このアクティビティは、スクリーンスクレイピングウィンドウでテーブル生成機能を使用すると自動的に生成されます。

「Add Log Fields」 – 各 Log Message に独自のログフィールドを追加します。

「Comment Out」 – 実行時に実行されないアクティビティを追加できるコンテナーです。

「Comment」 – ワークフローにコメントを追加します。

「Log Message」 – 指定した診断メッセージを指定したレベルで書き込みます。これらのメッセージは Orchestrator にも送られて [Logs] ページに表示されます。

「Remove Log Fields」 – 各 Log Message から独自のログフィールドを削除します。

「Invoke Com Method」 – 指定した COM オブジェクトのメソッドを呼び出します。

「Format Value」 – 特定の形式を、.ToString および Parse 操作で使用できるジェネリック値に関連付けます。使用できる形式は、Number、DateTime、Currency、Percentage です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です