UiPath アクティビティ一覧(CORE)

UIの自動化

「Click」- 指定した UI 要素をクリックします。 
「Double Click」- 指定した UI 要素をダブルクリックします。
「Hover」- 指定した UI 要素の上にカーソルを置きます (UI 要素の上でホバーします)。
「Type Secure Text」- UI 要素にセキュアな文字列を送信します。
「Send Hotkey」- UI 要素にキーボードショートカットを送信します。
「Type Into」- UI 要素にキーストロークを送信します。特殊なキーがサポートされており、ドロップダウンリストから選択できます。
「Check」- ラジオボタンおよびチェックボックスをオンまたはオフにします。
「Select Item」- コンボボックスまたはリストボックスから項目を選択します。画面上で要素を指定すると、リストとすべての使用可能なオプションがアクティビティに表示されます。
「Select Multiple Items」- コンボボックスまたはリストボックスから複数の項目を選択します。画面上で要素を指定すると、リストとすべての使用可能なオプションがアクティビティに表示されます。
「Get Text」- 指定した UI 要素からテキスト値を抽出します。
「Set Text」- 指定した UI 要素の Text 属性に文字列を書き込むことができます。
「Activate」- 指定した UI 要素をアクティブ化することができます。
「Highlight」- 指定した UI 要素を視覚的に強調表示します。
「Set Focus」- 指定した UI 要素にキーボードフォーカスを設定します。

「Anchor Base」- 他の UI 要素をアンカーとして使用して UI 要素を検索するコンテナーです。信頼できるセレクターが使用できない場合に使用してください。

「Find Relative Element」- 固定要素を基準とする相対位置を使用して UI 要素を検索します。信頼できるセレクターが使用できない場合に使用してください。

「Indicate On Screen」- ワークフローの実行中にユーザーが画面上の UI 要素またはリージョンを選択できます。

「Element Exists」- UI 要素が表示されていない場合でも、UI 要素が存在するかどうかを確認できます。

「Find Element」- 指定されたUI要素が(フォアグラウンドになるように)画面に表示されるのを待ち、それをUiElement変数として返します。要素が有効かどうかを調べたい場合は、属性の取得や属性の待機のようなアクティビティをaastate属性と組み合わせて使用​​してください。

「Wait Element Vanish」- 指定した UI 要素が画面から表示されなくなるまで待機します。

「Find Children」- 指定した範囲とフィルター条件に従って、子の UI 要素のコレクションを取得します。

「Get Ancestor」- 指定した UI 要素の先祖を取得します。

「Element Scope」- 既存の UI 要素に接続してその中で複数のアクションを実行できるコンテナーです。

「Get Attribute」- UI要素の指定された属性の値を取得します。要素が有効かどうかを調べるには、このアクティビティまたはWait Attributeとaastate属性を組み合わせて使用​​してください。

「Set Clipping Region」- UI 要素のクリッピングリージョンを設定します。

「Get Position」- 指定した UI 要素を囲む境界四角形を取得します。

「Take Screenshot」- 指定した UI 要素のスクリーンショットを取得します。

「Wait Attribute」- 指定されたUI要素の属性の値が文字列と等しくなるのを待ちます。特定の要素が有効かどうかを待つ場合は、このアクティビティまたはGet Attributeをaastate属性と組み合わせて使用​​してください。

「On Element Appear」- UI 要素が表示されるまで待機するコンテナーであり、その中で複数のアクションを実行できます。

「On Element Vanish」- 指定した UI 要素が表示されなくなった後に 1 つまたは複数のアクションを実行できるコンテナーです。

「Click Text」- 指定した UI 要素の中で指定の文字列を検索し、文字列をクリックします。

「Double Click Text」- 指定した UI 要素の中で指定の文字列を検索し、文字列をダブルクリックします。

「Hover Text」- 指定した UI 要素の中で指定の文字列を検索し、文字列の上にカーソルを置きます (文字列の上でホバーします)。

「Find Text Position」- UI 要素の中で指定の文字列を検索し、その文字列の画面位置が設定されたクリッピングリージョンを持つ別の UI 要素を返します。

「Get Full Text」- FullText スクリーンスクレイピングメソッドを使用して、指定した UI 要素から文字列とその情報を抽出します。このアクティビティは、スクリーンスクレイピングの実行時にコンテナーと一緒に自動的に生成することもできます。

「Get Visible Text」- Native スクリーンスクレイピングメソッドを使用して、指定した UI 要素から文字列とその情報を抽出します。このアクティビティは、スクリーンスクレイピングの実行時にコンテナーと一緒に自動的に生成することもできます。

「Extract Structured Data」- 指定したウェブページからデータを抽出します。[Properties] パネルの [ExtractMetadata] フィールドに XML 文字列を設定することで、どの情報を抽出するかを指定できます。この文字列は、データスクレイピングウィザードを使用してすべてのプロパティを設定しながら簡単に生成できます。

「Text Exists」- 指定した UI 要素の中でテキストが見つかったかどうかをチェックします。

「Click OCR Text」- OCR テクノロジーを使用して、指定した UI 要素の中で指定の文字列を検索し、文字列をクリックします。既定では、Google OCR エンジンが使用されます。

「Double Click OCR Text」- OCR テクノロジーを使用して、指定した UI 要素の中で指定の文字列を検索し、文字列をダブルクリックします。既定では、Google OCR エンジンが使用されます。

「Hover OCR Text」- OCR テクノロジーを使用して、指定した UI 要素の中で指定の文字列を検索し、文字列の上にカーソルを置きます (文字列の上でホバーします)。既定では、Google OCR エンジンが使用されます。

「Get OCR Text」- OCR スクリーンスクレイピングメソッドを使用して、指定した UI 要素から文字列とその情報を抽出します。このアクティビティは、スクリーンスクレイピングの実行時にコンテナーと一緒に自動的に生成することもできます。既定では、Google OCR エンジンが使用されます。

「Find OCR Text Position」- UI 要素の中で指定の文字列を検索し、その文字列の画面位置が設定されたクリッピングリージョンを持つ別の UI 要素を返します。

「Microsoft OCR」- MODI OCR Engineを使用して、指定されたUIエレメントから文字列とその情報を抽出します。他のOCRアクティビティ([OCRテキスト]、[ホバーOCRテキスト]、[ダブルクリックOCRテキスト]、[OCRテキストの取得]、[OCRテキスト位置の検索])を使用できます。

「Google OCR」- Tesseract OCR Engineを使用して、指定されたUI要素から文字列とその情報を抽出します。他のOCRアクティビティ([OCRテキスト]、[ホバーOCRテキスト]、[ダブルクリックOCRテキスト]、[OCRテキストの取得]、[OCRテキスト位置の検索])を使用できます。

「Abbyy OCR」- Abbyy OCR Engineを使用して、指定されたUI要素から文字列とその情報を抽出します。他のOCRアクティビティ([OCRテキスト]、[ホバーOCRテキスト]、[ダブルクリックOCRテキスト]、[OCRテキストの取得]、[OCRテキスト位置の検索])を使用できます。

「Microsoft Cloud OCR」- MODI Microsoft Cloud OCRエンジンを使用して、指定されたUI要素から文字列とその情報を抽出します。他のOCRアクティビティ([OCRテキスト]、[ホバーOCRテキスト]、[ダブルクリックOCRテキスト]、[OCRテキストの取得]、[OCRテキスト位置の検索])を使用できます。

「Google Cloud OCR」- Google Cloud OCRエンジンを使用して、指定されたUIエレメントから文字列とその情報を抽出します。他のOCRアクティビティ([OCRテキスト]、[ホバーOCRテキスト]、[ダブルクリックOCRテキスト]、[OCRテキストの取得]、[OCRテキスト位置の検索])を使用できます。

「Abby Cloud OCR」- Abbyy Cloud OCRエンジンを使用して、指定されたUI要素から文字列とその情報を抽出します。他のOCRアクティビティ([OCRテキスト]、[ホバーOCRテキスト]、[ダブルクリックOCRテキスト]、[OCRテキストの取得]、[OCRテキスト位置の検索])を使用できます。

「OCR Text Exists」- OCR テクノロジーを使用して、指定した UI 要素の中でテキストが見つかったかどうかをチェックします。

「Click Image」- UI 要素の中で画像を検索し、画像をクリックします。

「Double Click Text」- UI 要素の中で画像を検索し、画像をダブルクリックします。

「Hover Image」- UI 要素の中で画像を検索し、画像の上にカーソルを置きます (画像の上でホバーします)。

「Find Image Matches」- ターゲット UI 要素の中で特定の画像との一致を検索し、一致の画面位置に設定されたクリッピングリージョンを持つ UI 要素のコレクションを返します。

「Image Exists」- 指定したUI 要素の中で画像が見つかったかどうかをチェックします。

「Find Image」- 画像が UI 要素に表示されるまで待機し、見つかった画像が設定されたクリッピングリージョンを持つ UI 要素を返します。

Wait Image Vanish」- 画像が UI 要素から表示されなくなるまで待機します。

「On Image Appear」- 画像が表示されるまで待機するコンテナーであり、見つかった画像に対して複数のアクションを実行できます。

「On Image Vanish」- 画像が表示されなくなるまで待機するコンテナーであり、他のアクティビティを実行できます。

「Load Image」- ディスクから画像を読み込んで Image 変数に保存できます。

「Save Image」- 画像をディスクに保存できます。

「Attach Browser」- 既に開いているブラウザに接続して、その中で複数のアクションを実行できるコンテナーです。このアクティビティはウェブレコーダーの使用時にも自動的に生成されます。

「Close Tab」- ブラウザページを閉じます。

「Go Back」- 指定したブラウザの履歴一覧の中で前に戻ります。

「Go Forward」- 指定したブラウザの履歴一覧の中で次に進みます。

「Go Home」- 現在のホームまたは開始ページに移動します。

「Inject Js Script」- 現在のホームまたは開始ページに移動します。

「Navigate To」- ブラウザで、指定した URL に移動します。

「Open Browser」- 指定した URL でブラウザを開き、その中で複数のアクティビティを実行できるコンテナーです。

「Refresh Browser」- 指定したブラウザで現在表示されているウェブページを再度読み込みます。

「Set Web Attribute」- 指定したウェブ属性の値を設定します。

「Attach Window」- 既に開いているウィンドウに接続して、その中で複数のアクションを実行できるコンテナーです。このアクティビティはデスクトップレコーダーの使用時にも自動的に生成されます。

「Close Window」- 指定したウィンドウを閉じます。

「Get Active Window」- 現在のアクティブウィンドウを取得して、その中で複数のアクションを実行できます。

「Hide Window」- 指定したウィンドウを非表示にします。これによりウィンドウが完全に表示されなくなります。

「Maximize Window」- 指定したウィンドウを最大化します。

「Minimize Window」- 指定したウィンドウを最小化します。

「Move Window」- 指定したウィンドウの位置と寸法を変更します。

「Restore Window」- 指定したウィンドウを元のサイズと位置に復元します。

「Show Window」- 指定したウィンドウを表示してアクティブ化します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です