SEO対策

スポンサーリンク

 SEO対策とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、主にロボット型検索エンジンにおいて特定のキーワードが検索された際、検索結果のより上位に自らのWebサイトが表示されるようにする取り組みのことで、簡単にいうとSEO対策とは「自分のホームページを検索で上位表示させて、より多くの人に見てもらう」ことです。

検索の窓口
現在国内、国外の検索エンジンの使用率でいくと下記のようになっているみたいで、Googleの検索が圧倒的です。次に、Yahoo!になるのですが、国外ではかなり使用率が低いみたいですね。

【国内】
1位 Google 67.36%
2位 Yahoo! 27.96%
3位 Bing! 3.9%

【国外】
1位 Google 92.37%
2位 Bing! 2.73%
3位 Yahoo! 2.2%

この結果を元にすると、Googleで検索をしている人が多いためGoogleでのSEO対策は必須となってきます。また、Yahoo!でもSEO対策をしないのか?ってことなんですがYahoo!が「2010年7月27日にGoogle検索エンジンを導入すると言う発表」をしたみたいで今ではGoogleとYahoo!の検索アルゴリズムが一緒のため検索してあがってくるサイトはほぼ一緒です。なので、基本的にはGoogleのSEO対策がしっかりできていれば、必然的にホームページが検索された時に上位表示されてたくさんの人が見てくれるようなホームページになります。
Googleの評価基準
GoogleはWEBページに点数を付けています。この点数が高ければ高いほど、検索した時に上位表示されます。ただ、この加点ポイントに関しては非公開にされています。減点ポイント はGoogle公式の「ウェブマスター向けガイドラインの品質に関するガイドライン」に記載されています。SEO対策をするには加点ポイントと減点ポイントを押さえる必要があります。

加点ポイント
・キーワード数が多い
・オリジナル文章が多い
・コンテンツの量が多い
・ページの表示速度が速い
・ウェブページが新しい方が好まれる
・外部リンクが多い
・文字数が多い
・セッション数(訪問数)が多い
・滞在時間が長い
・ページ遷移率が高い
・直帰率が低い
・PV数が多い

※上記は予測です。

減点ポイント
・コンテンツの自動生成
・リンクプログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたは全く存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキスト、隠しリンク
・誘導ページ
・コンテンツの無断複製
・十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
・ページのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・リッチスニペットマークアップの悪用
・Googleへの自動化されたクエリの送信
・悪意のある動作を伴うページの作成

上記のポイントは押さえておきましょう!
SEO対策
具体的にSEO対策ってどうしたらいいのでしょうか?やったほうがいい3つのことは下記になります。


・サイドバーや記事のタイトル、記事内などにキーワードを入れる。
・記事の充実化「記事数の量、記事の質の向上(文字数を増やす、画像やリンクを多めにする等)」。
・記事を1ページ、2ページ、3ページ…と区切り長くユーザーに滞在してもらう。

様々なSEO対策の方法があると思いますが、どういう人に見てもらいたいのか?どんなキーワード、キラーワードを入れてホームページをブランディングしていくかが一番のポイントになってくるんじゃないでしょうか?
SEO対策をきっちりして、いろんな人にホームページを見てもらえるようにしていきましょう!

Translate »