kintoneでアプリをCSSや、javascriptでカスタマイズする時便利なプラグイン!

All
スポンサーリンク

 JSEdit for kintone のダウンロード

kintoneでアプリをカスタマイズする際に、CSSファイル、Javascriptファイルを外部から読み込むことができるのですが、kintoneの画面で編集できないとコードの編集が大変ですよね?

ということで、ファイルをkintone画面で編集できるプラグインを入れておけば便利なので JSEdit for kintone というプラグインを入れておきましょう!(※このプラグインは無料で使えます。)

JSEdit for kintone

入れ方はまず上記のリンクから jsEdit plugin v4.1.zip を押してダウンロードします。

jsEdit_plugin_v4.1.zip ←こちらからダウンロードも可能です!

使い方はkintoneアプリのトップ画面(ポータル画面)より kintoneシステム管理 → プラグイン → 読み込むを押してダウンロードしたファイルを読み込みます。読み込むことにより、どのアプリにもプラグインを入れてCSSファイルやJavascriptのファイルを簡単に編集、またそのプラグインを使い新しいファイルを使ったりすることもできます!

このプラグインを使ってファイルの編集や新しいファイルを作って使ってみましょう!

 JSEdit for kintone の使い方

使いたいアプリの設定画面

プラグインより追加→◽︎ JSEdit for kintone に☑︎を入れて追加します。

追加されたプラグイン設定があるのでそこに入ります!

ライブラリでjQueryを追加したり、新規作成で新しいファイルを作ることができたり、今アップロードしているファイルの編集を直接できたり、「PC用Javascriptファイル」のプリダウンをクリックし「PC用CSSファイル」に変更しCSSも追加、編集ができます。

ぜひ、kintoneのアプリカスタマイズする際は JSEdit for kintone を使いカスタマイズをやりやすくしてみてください!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

前職は、東京のベンチャー企業(IT関連)で仕事をしておりその経験からホームページ作成。運営を行なっています。現在は、中国(深圳市)に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をしています。

Toshikazu Hiranoをフォローする
All
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

Translate »